新しい舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」開催決定!

ロゴも決定!演目は徐々に決定していく
  • ロゴも決定!演目は徐々に決定していく

09年2月下旬〜3月下旬、東京都と(財)東京都歴史文化財団、豊島区、(財)としま未来文化財団、NPO法人アートネットワーク・ジャパンは、現代舞台芸術の祭典「フェスティバル/トーキョー」を開催。世界最先端の舞台芸術を東京から発信し、同ジャンルとしては日本・アジアを代表する規模の祭典をめざす。東京文化発信プロジェクトの一環。

東京芸術劇場など池袋界隈の文化拠点を中心に、国内外から新作・世界初演を含む舞台芸術(演劇・ダンス)作品約20演目を上演する。日本からは、世界の巨匠・蜷川幸雄率いる、55歳以上の団員による演劇集団“さいたまゴールド・シアター”の「95kgと97kgのあいだ」(演出:蜷川幸雄 作:清水邦夫)や、世界各地で高い評価を得ている天児牛大率いる“山海塾”の「金柑少年」(演出・振付・デザイン:天児牛大)など。海外からは、韓国現代演劇界を代表するカリスマ演出家、イ・ユンテクによる新作「オセロー」(演出:イ・ユンテク)などを予定。今後徐々に決定していくラインナップにも注目したい。

11月に記者会見の実施、12月中旬ごろにチケット発売を予定。【東京ウォーカー/荒木紳輔】

東京文化発信プロジェクト:東京ならではの芸術文化の創造・発信、芸術文化を通じた子どもだちの育成を目的として、東京都と東京都歴史文化財団が芸術文化団体等と協力して実施するもの。演劇、音楽、伝統芸能、美術などさまざまな分野で文化イベントを展開していく。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報