ミニストップから北海こがね使用のハッシュドポテト

ミニストップは、フライドポテトの新商品「十勝ハッシュドポテト」(198円)を、1月12日(火)から発売する。

「十勝ハッシュドポテト」(198円)は国産ジャガイモを使用したひと口サイズ
  • 「十勝ハッシュドポテト」(198円)は国産ジャガイモを使用したひと口サイズ

ミニストップでは、フライドポテトの揚げたてのおいしさにこだわり、注文を受けてから店内にある厨房で最終加工を施す他、フライドポテトの種類に適したジャガイモを選定し、商品開発を行っている。

今回発売される「十勝ハッシュドポテト」は、原料のジャガイモを北海道十勝産の「北海こがね」に限定し、甘みがあり舌触りも滑らかなジャガイモ本来の風味が生かされている。女性にも食べやすいひと口サイズのミニハッシュドポテトで、外はサクサク、中はしっとりとしていてシンプルな塩味とザク切りポテトの食感が特長だ。

2004年発売の「X(エックス)フライドポテト」(198円)には、クリーミーな甘みが特長のドイツ産のジャガイモが使用されていて、X状にカットされた他では味わえない食感、見た目で多くのリピーターを持つ人気商品となっている。

他にも、ジャガイモのホクホク感が味わえるアメリカ産ジャガイモ使用の皮付きフライドポテト「ナチュラルカットポテト」(168円)が販売されており、好みに合わせて、さまざまな味と食感の食べ比べが楽しめそうだ。

さらにミニストップでは、朝食向けに開発されたスイーツ「片手でケーキサンド」(298円)を1月12日から関東地区で先行発売。1月26日(火)から東海・近畿・四国・九州地区、1月27日(水)から東北地区で順次発売する。

あっさりと口当たりが良いスポンジを使用したフルーツサンド仕立てのスイーツ
  • あっさりと口当たりが良いスポンジを使用したフルーツサンド仕立てのスイーツ

食パン風の見た目の白いスポンジに、カスタードホイップクリームと、イチゴ、キウイ、黄桃、白桃を挟んだフルーツサンド仕立てのスイーツで、今後は季節に応じて旬のフルーツをサンドした商品を発売していく予定ということだ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報