【秋探し鉄道の旅(1)】週末は江ノ電で、新イタリアン三昧

鎌倉高校前駅付近から海を
  • 鎌倉高校前駅付近から海を

訪れるたびに、隠れた名レストランやおしゃれな店が増えていく鎌倉・湘南。今回は特に注目すべき新店がオープンしたという噂を聞きつけ、1日乗り放題のフリーきっぷ「のりおりくん」片手に、江ノ電に乗ってきました! 

まずは七里ヶ浜駅で降り、「bills」(神奈川県鎌倉市)で“世界一の朝食”を。3月に開店したレストランの海を望むテラス席は、評判を聞きつけた人たちで早朝から大にぎわい。オーストラリアの本店でT・クルーズらハリウッドスターを魅了した、スクランブルエッグやパンケーキを味わおう。

極上のモーニングのあとは、鎌倉大仏や長谷寺の秋の花を楽しみに長谷駅界隈をぶらり。

ちょっとおなかもすいてきた、となれば、5月に一時閉店するも営業を再開した名店「レストラン ワタベ」(神奈川県鎌倉市)へ。鎌倉らしい古都の雰囲気漂う日本庭園が雅で、ランチのコストパフォーマンスは感動必至。コースのみのフレンチから一新、和の要素も取り入れたリーズナブルな料理が充実している。

そのあとは、江ノ島駅から徒歩5分ほどの岡田書店で昭和の江ノ電写真展を見るなど沿線を探検。全長10kmの路線で本数も多いので、電車の時間を気にせず自由気ままに散策できる。

最後は長谷駅に舞い戻りワタベでディナー…とその前に行っておきたいのがイタリアンドルチェの新店、鎌倉駅の「Rusticana」と七里ヶ浜駅の「amalfi DOLCE」(いずれも神奈川県鎌倉市)。19:00には閉まるので、ディナーの前に寄っておくのがベストだ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報