エレファントカシマシ宮本浩次ロングインタビュー[2/9]

初回盤CD+DVDにはライブ映像が8曲も!
  • 初回盤CD+DVDにはライブ映像が8曲も!

<第1回より続く>〜10/1(水)新曲「新しい季節へキミと」発売〜

―いまの日本の音楽シーンの中で、そういった力を今回発揮したのは、いまの音楽シーンそのものがどんな問題を抱えているからだと。

「いや別に問題は抱えてないと思います。音楽の流通だとか、CD以外の形態だとか、いろんな新しい動きがありますけれども、とかいって僕もよくわかんないですけど、まあ音楽がなくなるわけではございませんし。言ってしまえばあらゆるものが、日本の、ダイナミックな過渡期の中で起きていることです。過渡期ですから非常にみんなの心が分散して、いろいろなものが生まれます。ただその中で、誰しも、力強いものを求めたり、しっかり毎日誠実に生きたいと思ったりする。そういう“光”やメッセージみたいなものを、たぶんみんな求めている。表現とかエンタテインメントというのは、毎日の自分の暮らしの中に、明るい“兆し”や前向きな思いを、喚起してくれるものだと思いますから、表現する側は誰しも、そういうものを『作りたい』と思っている、と思います、ええ。我々もまたそう思っていて、20年間変わらぬメンバー4人で、単なる歴史の“床の間”にいるんじゃなくて最前線にまた打って出ようとした。その時に、それにふさわしいテーマを持つ『俺たちの明日』と『笑顔の未来へ』というタイプの違う2曲で、“両面”を見せられたのが大きいのかなと思います」

―日本の音楽シーンで誠実さというものが稀有な存在になっているとは思いませんか。例えば、全然否定はしませんが「口パクアイドル」という人たちが出てきたり、カラオケで上手に歌うことが「歌がうまい」ということだと捉えられたりする。きれいに形を整えたものがよしとされる風潮がある気がして、その中で、エレカシが、作られたものではない、誠実な、本当のものとして捉えられたと。

「まあまあ、人のことはどうでもいいんですけど、例えば口パクっていえば、ローリング・ストーンズでもTレックスでもテレビに出る時は口パクでしたし。アイドルということでいえば、ビートルズだってキャーキャー言われたし、あるいは音楽通の誰もが認めるデビッド・ボウイの『ジギー・スターダスト』のビデオ見ても、女の人のファンが、ほとんど失禁してるんじゃないかっていうぐらい、キャーキャーワーワーでございます。レッド・ツェッペリンでさえも、シングルヒットとは違う売り出し方ではございましたけど、ロバート・プラントっていうのは音楽的な部分とは別に、ある種のセックスシンボルとして、男性的な魅力を放ってたわけです。女の子たちが、ま女性陣って言っていいんだと思いますけど、ワーッて叫ぶ、そういうことは音楽にはつきものです。エンタテインメントは、男女のそういった感情抜きには語れませんし、大きな要素であると思います。ただ、おっしゃりたいことはわかります。なにかその“本物”といいますか…、僕だってそうです。現代のものも別にイヤじゃないですけれどもすぐ“古典”に行ってしまう。音楽もそうです。まあ古典と言っていいかわかんないけどストーンズやレッド・ツェッペリンを聴いてしまう。芥川龍之介全集と、夏目漱石全集と、森鴎外全集は持ってるけども、でも、“現象”としての映画とか、現代の小説にどうしても時間をとれない。まあ、最近は映画なんかも見るようにはしてて」

―えっ、そうなんですか!(宮本氏は「映画なんてつまらない」と以前公言していた)

「ええ、エンタテインメントの部分でね、やっぱり“光”を感じないといけないと思って。で、まあ、音楽をやるうえで、いろんなタイプがいていいわけです。アイドルや、ロックバンドや。でもおっしゃりたいことはわかってるんです。長い時間、変わらぬメンバーで、ストレートに音楽をやっているエレファントカシマシというバンドがいる。そういう人たちは他にもたくさんいるんだけど、僕らは4人でずっと、中学時代からやっているということをなんとなく音楽ファンは知ってくれている。エレファントカシマシ懐かしいな、また音楽をストレートに聞かせてくれそうだ、宮本頼むぞ、エレカシ頼むぞという、王道のニュアンスっていうか、空気みたいなものはやっぱり、感じています。はい。すいませんなんかまわりくどくて」

【東京ウォーカー/滝本志野】

<第3回に続く>

■ライブ情報
--------------------------------
2008年内ラストの単独公演(JCB HALL 2days)が決定!

2008年10/17(金)JCB HALL OPEN18:00/START 19:00
2008年10/18(土)JCB HALL OPEN16:00/START 17:00

チケット:アリーナ立見/指定 5,250円(税込/D代別) 9/20(土)発売
info.DISK GARAGE 03-5436-9600 (weekday12:00〜19:00)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報