1Dルイ・トムリンソン、息子の養育費は3億6200万円!?

先週男の子が誕生し、父親になった喜びをツイートしたワン・ダイレクションのルイ・トムリンソン。息子の母親ブリアナ・ユングウィルトとは破局しているが、養育費としてなんと210万ポンド相当(約3億6200万円)を払うらしい。

先日息子が誕生したワン・ダイレクションのルイ・トムリンソン
  • 先日息子が誕生したワン・ダイレクションのルイ・トムリンソン

ザ・サン紙に関係者が語った話によると、「ルイは、母親と息子にできる限りのことをしたいと考えていて、月々1万ポンド(約172万円)の養育費を支払うことで合意したようです。もし子供が18歳になる2034年まで払い続けると、210万ポンドになります。もちろん彼はリッチですが、それでもこの値段は破格です。彼は、父親になるという責任をとても重く受け止めています」

「ルイが母親と息子の住まいとして借りたカリフォルニアの家は1600万ポンド(約27億円)の価値のあるゲート付の家で、家賃は月々4200ポンド(約72万円)と言われています。家具類はブリアナが購入するようです。また5750ポンド(約99万円)は、洋服やおもちゃ、おむつ代などになるでしょう。十分すぎる金額だと思われますが、カリフォルニアの法律では、ルイの収入と子供に必要になる金額によって変わることもある」という。

ルイは、これから約6か月間、息子の近くにいられるようにカリフォルニアに家を借りて住んでいるそうで、生後1週間も経たない息子を抱いたモノクロ写真をポスティングするなど、早くもパパぶりを見せている。

息子の名はルイが「シドニー・レイン(Sydney Rain)にした」と発表し、オーストラリアの天候と間違えた人たちの間でツイートが飛び交ったが、その後、「ブリアナが、もっと伝統的な名前にしたいと言ったため、2人で話し合った結果、フレディー・レイン(Freddie Reign)と名付けた」ことを明らかにしている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報