最後の昼ドラ「嵐の涙」に過去の名作出演者が続々登場

「嵐の涙~私たちに明日はある~」に野際陽子(右)がゲスト出演する
  • 「嵐の涙~私たちに明日はある~」に野際陽子(右)がゲスト出演する

2月1日からスタートしたフジテレビ系“昼ドラ”枠最後の作品となる「嵐の涙~私たちに明日はある~」に、過去の昼ドラ出演者がゲスト出演することと、主題歌をMONKEY MAJIKが務めることが発表された。

2月1日の初回放送には「あかんたれ」('76年)で主演を務めた志垣太郎が登場。2月8日(月)と9日(火)の放送には「花嫁のれん」シリーズで“大女将”神楽志乃を演じた野際陽子が出演する。野際は「この格好(志乃の衣装)をすると、懐かしい気もしますし、気持ちもピンとしますね」とコメント。

さらに、今後も「花嫁のれん」シリーズ主演の羽田美智子、「イエスとノンの物語」('82年)主演の五十嵐めぐみが出演予定となっている。

また、主題歌は「ストレートな気持ちの、相手を思う愛をテーマに描き表現しました。ドラマとともに皆さんの心にいつまでも刻まれれば」との思いが込められたMONKEY MAJIKの「The Mistakes I've Made」に決定した。

「嵐の涙~私たちに明日はある~」
毎週月~金曜昼1:25-1:55
フジテレビ系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報