【開国博通信Vol.53】「エネゴリくん森の学校」がおもしろい!

実験は身近な分かりやすいものばかり
  • 実験は身近な分かりやすいものばかり

梅雨に入って、今日のように雨の日も多くなる。そんな日でもY150会場は大丈夫。今日は「ENEOS未来のエネルギー館」をのぞいてみよう。

こちらでは、土日祝限定で「エネゴリくん森の学校」が開催されている。これは身近な素材を通してエネルギー資源や環境について学べる20分程度のイベント。例えば「1200Wのドライヤー1分間でどれだけの二酸化炭素が排出されるかな?」といった内容を実験などによって知ることができるのだ。さて、正解は…何とペットポトル5リットル分なんだって!また「燃料電池発電実験」では、実際に燃料電池によって車を走らせる様子が見られるぞ。

その他館内では、根岸製油所の紹介や(ここが日本最大の原油処理能力を持ち、その広さヨコハマスタジアムの80倍だなんて初めて知りました!)、ガソリンスタンド体験(大人も子供も楽しい!)、石油から作られる様々な製品などの展示も見ることが出来る。

また中学生以下限定で、土日祝のみ、プレゼントがもらえるスタンプラリーも実施されているのだ。エネゴリ君のスタンプがなかなかカワイイんですよ!

そんな「ENEOS未来のエネルギー館」、ぜひ天気を気にせず遊びに行ってみよう〜。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報