羽生結弦が“殿”役で威風堂々と映画初出演!

「殿、利息でござる!」で羽生結弦が仙台藩藩主・伊達重村を熱演!
  • 「殿、利息でござる!」で羽生結弦が仙台藩藩主・伊達重村を熱演!

5月14日(土)に公開される阿部サダヲ主演映画「殿、利息でござる!」に、フィギュアスケートの現役世界王者・羽生結弦選手が出演することが分かった。

羽生は、映画のタイトルにもなっている“殿”こと仙台藩藩主・伊達重村役で映画初出演を果たす。

本作は、磯田道史の近著「無私の日本人」(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」を中村義洋監督が映画化。

今から250年ほど前の江戸中期、仙台藩吉岡宿で、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、地域を立て直した実在した住人たちの活躍を描く。

そんな本作で、羽生は仙台藩藩主・伊達重村を演じる。出演シーンは少ないもののストーリー上欠かせない役柄であり、困窮する庶民の前にさっそうと現れる“殿”という役どころだ。

今まで映画などに出演する機会はなかったが、故郷である宮城・仙台に実在した人物たちによる感動秘話ということで、出演を快諾。氷上での演技で世界中をとりこにした世界最高のフィギュアスケーターである羽生が、まげ姿でスクリーンに初登場する。

出演が決まった羽生は「江戸時代の仙台藩を舞台にした映画で、伊達の殿様役を頂き初めて役者として演技をさせていただきました。

お芝居はスケートとは違って振りがなく、言葉を使い、せりふに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、すてきな俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。

撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビション、ショーなどでも、表現者として今回の貴重な経験を生かすことができたのではないかと思っています。

このお話は実話を基にしているとのことですが、地元・宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現できればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください」と、コメント。

一方、主演の阿部は「殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士でいろいろ予想をしていたのですが、まさか羽生結弦さんとは思いませんでした…。撮影当日まで全く会わず扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにも関わらず、せりふも完璧に入っていて素晴らしかったです。

本来、殿様を庶民が見ていたら『頭が高い』と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見詰めてしまいました(笑)。キレイでした。撮影現場は夏で羽織袴に“まげかつら”で相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました」と、氷上の貴公子が持つプロ意識の高さに脱帽していた。

「殿、利息でござる!」
5月14日(土)全国ロードショー
【HP】tono-gozaru.jp/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報