かもめんたる・槙尾ユウスケが10代の頃から通うラーメン店

ワンコインで食べられて、しかもおいしい!

昭和33年に創業し、以来早稲田大学生やその附属の中高生に親しまれている老舗のラーメン店が「メルシー」だ。早稲田実業から早稲田大学へと進んだ槙尾さんもここの味に心を奪われた一人。

「高校生のとき、同級生に連れて行ってもらったのがきっかけでした。ニ度三度と通ううちに見事にハマりましたね。値段も何と500円以下で、学生にとっては神様みたいな店です」

中でもよく食べるというのが、この店の定番メニューになっている「ラーメン」(税込み400円)だ。

煮干しのうま味があふれるスープが魅力のラーメン。400円という値段も破格だ!
  • 煮干しのうま味があふれるスープが魅力のラーメン。400円という値段も破格だ!

「味はしっかりした魚介系醤油スープ。家に帰ると、ふと思い出してまた食べたくなる味です」

そんなクセになるこのスープは、まず豚骨とモミジ(鶏足)を、タマネギやキャベツの芯などの香味野菜と一緒に炊き出すことから始まる。この動物系スープとは別に煮干しからダシを取っておき、合わせてからさらに煮込んでいく。

朝5時から仕込むスープ。煮干しは1日に6kgも使うという
  • 朝5時から仕込むスープ。煮干しは1日に6kgも使うという

これに合わせる醤油ダレは、チャーシューを作る際に使った醤油を使用。豚のうま味がタレに溶け込んでいるという。

「すっきりしているけど、濃いめの醤油味なので、ご飯と一緒に食べるとより一層おいしく感じますね。『半ライス』(税込み100円)はマストです!」

透き通るようなキレイなスープ。動物系と煮干し味のバランスが絶妙
  • 透き通るようなキレイなスープ。動物系と煮干し味のバランスが絶妙

麺は中細のストレート麺。表面は滑らかで、歯切れの良さが魅力だ。

ツルっと口に入ってくる麺。歯応えもしっかりしていて、食べ応え十分だ
  • ツルっと口に入ってくる麺。歯応えもしっかりしていて、食べ応え十分だ

これをたっぷりのお湯の中で泳がすようにゆで、それを平ザルで丁寧にすくって湯切りする。それらを素早くやってのける店主の俊敏な姿に、確かな技術を感じる。

「一口食べると高校・大学時代を思い出してホッとします。チカラがみなぎってくる感じもしますね!」

ラーメン&チャーハンの最強コンビ!

トッピングのチャーシューは、ブタのモモ肉を使用。かみしめるほどに肉のうま味を感じることができる。

薄切りチャーシューは醤油味のスープとの相性もバッチリ。しっかり浸してから食べたい
  • 薄切りチャーシューは醤油味のスープとの相性もバッチリ。しっかり浸してから食べたい

「脂身が少なめのチャーシューです。このシンプルさがいいですよね。モヤシ、ネギ、スイートコーンもスープとの相性バッチリです!」

アクセントになっているスイートコーンの甘味
  • アクセントになっているスイートコーンの甘味

そして、ラーメンと一緒に注文したいのが、錦糸卵を添えた「チャーハン」(税込み490円)。これまたファンの多い一品だ。

彩り豊かなチャーハン。チャーシュー、サヤエンドウ、ネギ、かまぼこなどが具材に使われている
  • 彩り豊かなチャーハン。チャーシュー、サヤエンドウ、ネギ、かまぼこなどが具材に使われている

ラーメンと一緒に注文(それでもたった890円!)する人も多いというこのメニュー。食べ盛りの学生たちにとってのパワーフードになっているという。

「カリッと香ばしいチャーハンは、僕も若いころにとてもお世話になりました。ほかにドライカレーもあるので、ぜひそちらも食べてみてほしいです」

安くてウマい店として、人気を集める名店。営業開始時間ともなると、一気に人が押し寄せて満席になってしまう。だが、そうなるのもうなずけるほどの魅力がこの店にはあるのだ。

「全てテーブル席なので、相席になることもしばしば。最初はちょっと戸惑うと思いますが、すぐに慣れると思います。この店の魅力を感じるには、最低3回は通ってください。そのころにはとりこになっているはずですよ!」

ラーメン

ラーメン
  • ラーメン

・太/ストレート

並150g(大盛り225g税込み90円増し)

・スープ

タレ●醤油

種類●動物+魚介

こってり・・★・・あっさり

値段●400円(税込み)

タレントプロフィール

かもめんたる槙尾ユースケ(右)
  • かもめんたる槙尾ユースケ(右)

槙尾ユウスケ(写真右)

まきお・ゆうすけ●1980年生まれ、広島県出身。お笑いコンビかもめんたるのツッコミ担当。特に演技力の高さに定評があり、コントNo.1を決める「キングオブコント2013」ではチャンピオンに輝いた。

【週刊ジョージア】

【店舗名】メルシー
【住所】東京都新宿区馬場下町63
【電話番号】03-3202-4980
【営業時間】月~土11:00~19:00(L.O.)
【休日】日・祝日
【席数】30席
【駐車場】なし
【アクセス】東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩約2分

取材・文/村上広大 写真/野口 彈

<現在配信中の「週刊ジョージア」では、他にも様々なラーメンを紹介している「推し麺倶楽部」を多数公開中!>
■スマホマガジン「週刊ジョージア」
今すぐ読めるWEBブラウザ版
アプリだともっと楽しい! iOS、Android対応/料金無料
スマホ版紹介サイト(iOSアプリダウンロード入口)
スマホ版紹介サイト(Androidアプリダウンロード入口)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報