エマ・ワトソン、10月から交際の恋人は付き人と誤解されていた?

先日、新恋人との交際が報じられたエマ・ワトソン(25)だが、噂のお相手と一緒のところを初めてパパラッチされたのは、なんと昨年の10月。年齢差もあってか恋人だと気づかれていなかったようだ。

10歳年上の男性と交際していると報じられたエマ・ワトソン
  • 10歳年上の男性と交際していると報じられたエマ・ワトソン

エマの交際相手として伝えられたのは、プリンストン大学とコロンビアビジネススクールを卒業し、現在はシリコンバレーでテクノロジー企業を営む起業家のウィリアム・マック・ナイト(35)。昨年10月には、今ニューヨークで最もホットで入手困難なブロードウェイミュージュカル「Hamilton」を一緒に観賞し、劇場から去っていくふたりの姿がパパラッチされていた。

デイリー・メール紙には、セミロングヘアに白いインナーと黒いスキニージーンズ&ジャケット姿のエマと、眼鏡をかけたいかにもマジメそうなウィリアムが、ジーンズにグレーのセーター姿で左手に本を持ったまま、右手でエマをエスコートしながら車に向かうふたりの姿、そして別の日にも、ニューヨークでエマと一緒に歩くウィリアムの写真を掲載しているが、当時はメディアもファンもノーマークだった。

「ミュージカルはジュリア・ロバーツやビヨンセなどセレブが一緒だったこともあるようだが、エマとウィリアムは、10歳の年の差以上の父娘にも見える。また、地味な雰囲気のこの男性がエマの彼氏だとは誰も想像しなかったようだ」とナショナル・エンクワイラー紙が報じている通り、ネットユーザーたちも、「彼は45歳とか50歳にしか見えない」「エマの父親の年齢に見える」「付き人か何かだと思った」と驚きを隠せないようだ。 

ザ・サン紙によれば、既にビリオネアのエマに対して、ウィリアムは年商10万ポンド(約1650万円)とかなりの格差があるが、エマは、ハリウッドには何の関係もなく普通っぽいところを気に入っているのだとか。

アイボリーのBehnoのロングジャケットに、胸の谷間が見て取れるマイエットの白いドレス姿で登場したエマ
  • アイボリーのBehnoのロングジャケットに、胸の谷間が見て取れるマイエットの白いドレス姿で登場したエマ

エマは1月のインタビューで、「今が一番私らしくいられて幸せ」と語っており、先日は白いドレス姿がまばゆいばかりに美しいと絶賛されていたが、どうやら恋のマジックがなせる業だったようだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報