おでかけ

吉田鋼太郎が美女と巡った大人な“小石川”

東京ウォーカー 2016年2月13日 12時00分 配信

【連載】聖地巡礼さんぽ~あの作品の街を歩く~Vol.5

漫画や映画、ドラマなど、人気作品の舞台となった街を散策し、“住みたい街”としての魅力を深堀していく本連載。ここからみんなの“住みたい街”が見つかるかも?

第5回は、前回に続き吉田鋼太郎主演の連続ドラマ「ドラマ24・東京センチメンタル」(テレビ東京系)から、2月5日放送回「小石川の恋」をピックアップ。

“バツ3、独身、55歳”の恋多き和菓子職人・久留里卓三(吉田)を翻弄する美女は、奥貫薫扮するイタリア帰りのひとみ。行きつけの小料理屋でひとめぼれをした彼女から「散歩に付き合ってくれないかしら?」と誘われ、運命を感じた卓三が、「小石川に来てよかった、ありがとう小石川」と心の中でつぶやき、物語は動き出す。

こうして2人が巡る散歩スポットと共に、小石川周辺エリアの魅力を紹介する。

すべての写真を見る(29件)

「牛天神 北野神社」

撫でると願いが叶う“撫で岩”発祥の神社、通称“牛天神(うしてんじん)”。「鎌倉時代、源頼朝がこの地で休んでいた時、牛に乗った菅原道真公が夢に現れ、2つの喜びが現れるであろうというお告げをしました。1つが長男・頼家の誕生。もう1つが平家との戦の勝利。翌年そのお告げが現実になったので、頼朝が牛に似た岩をまつって創立したのがこの牛天神なんです」と、劇中で卓三がひとみに解説。その境内にある牛に似た岩は“ねがい牛”と呼ばれ、撫でると願いが叶うと言われている。

また境内の一角に立ちながら卓三は、葛飾北斎の富嶽三十六景「礫川雪ノ旦(こいしかわゆきのあした)」に描かれているのが「かつてこのあたりにあったお茶屋から、遠く富士を望んだ図だと言われています」と、北野神社に関するうんちくを披露する。

「小石川後楽園」

劇中で、卓三とひとみが歩く姿が絵になる「小石川後楽園」は、江戸時代初期の1629(寛永6)年に、水戸徳川家の初代藩主・頼房が江戸の中屋敷(後に上屋敷)の庭として造り、二代藩主の光圀の代に完成した庭園。

光圀の儒学思想の下に築園され、「後楽園」の名も中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」に由来する。

また、池を中心にした回遊式築山泉水庭園になっており、随所に中国の名所や日本各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が表現されているのも特徴だ。なおこの「小石川後楽園」は、文化財保護法により特別史跡および特別名勝に指定されている。

「複合商業施設『東京ドームシティ』、古くから庶民の信仰を集める社寺、歴史ある庭園などを有する小石川界隈。多くの路線も乗り入れているので主要地へのアクセスにも便利です。四季折々の風情を楽しむなら、小石川後楽園がおすすめ。都心部にありながら、江戸時代初期からの佇まいが残る名園です」(小石川後楽園の大田さん)。

「海鮮 うにくら」

卓三とひとみがお酒を酌み交わすのが、水道橋駅近くの「海鮮 うにくら」。“うに+いくら=うにくら”の店名通り、函館から直送される生ウニとイクラを中心とした海鮮料理が自慢の居酒屋だ。特に、形を整えるためのミョウバンを使わない無添加のウニは好評で、「もともと苦手だけど、この店のウニは食べられる」という人も多いという。さらに、料理との相性がいいことから、各地の厳選銘柄や季節限定など、日本酒も豊富に取りそろえている。

また同エリアには、愛媛宇和島から直送されるアワビをメインとした「極上海鮮あわ美」、高知県沖ノ島で採れた地魚が食べられる「立ち呑み海鮮 魚升」といった系列店も。

「水道橋駅周辺は飲食店が多く、裏道などにも個人店が増えているので、食事をするには困らないと思います。うちも高級食材を扱っていますが破格で提供しているので、堅苦しくなく、いつもにぎやかに使っていただいています。自分へのごほうびとして、気軽に来てほしいです」(料理長の和田孝次さん)。

「播磨坂さくら並木」

春日通りの小石川五丁目交差点から千川通りの植物園前までを結ぶ坂道で、「文京さくらまつり」の会場になっているサクラ並木。江戸時代にこのあたりが松平播磨守の上屋敷であったことにちなみ名付けられた。中央部分が緑道として整備され、緑だけでなくせせらぎや彫刻作品も楽しめる。

劇中では、卓三とひとみにとってのラストシーンで雨上がりの夜の播磨坂が使われ、ドッキリとする展開と合わせ、印象的な景色を演出している。

下町巡りを趣味とする卓三が「このあたりはまだ、江戸の風景がいろんなところに残っていて、下町好きにはたまらない場所なんです」と語る小石川エリア。東京ドーム周辺こそ観光・レジャースポットにもなっているが、由緒ある古社寺が点在し、自然豊かな小石川後楽園もあり、心やすらぐ雰囲気に満ちている。実際に歩いてみると、土曜日であっても街が穏やかで、気持ちをフラットにしてくれる空気感があり、疲れがたまっていても休みの日には外へ出ようかな、と思える気がする。

落ち着いた空気のなかで暮らしたい人はもちろん、日ごろあくせくと働いている人も帰ってくれば「小石川に来てよかった、ありがとう小石川」とほっとできる生活ができるかも。【東京ウォーカー】

第6弾は2月下旬配信予定

■小石川周辺
東京メトロ丸ノ内線・南北線の後楽園駅
都営地下鉄三田線・大江戸線の春日駅
JR総武線・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線・都営地下鉄大江戸線の飯田橋駅
JR総武線・都営地下鉄三田線の水道橋駅
東京メトロ丸ノ内線の茗荷谷駅

「牛天神 北野神社」
住所:東京都文京区春日1-5-2
電話:03-3812-1862
時間:(開門)6:00~17:00、(授与所)9:00~17:00
休み:なし
交通:後楽園駅、春日駅より徒歩5分、飯田橋駅より徒歩10分

「小石川後楽園」
住所:東京都文京区後楽1
電話:03-3811-3015
時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
料金:一般300円、65歳以上150円
休み:12月29日~1月1日
交通:都営大江戸線の飯田橋駅より徒歩3分、JR・東京メトロの飯田橋駅より徒歩8分、後楽園駅より徒歩8分

「海鮮 うにくら」
住所:東京都千代田区三崎町2-10-5 木下ビルB1
電話:03-3221-0676
時間:17:00~23:30(LO23:00)
休み:なし
交通:水道橋駅より徒歩2分

「播磨坂さくら並木」
住所:東京都文京区小石川4、5丁目境
交通:茗荷谷駅より徒歩7分

「ドラマ24・東京センチメンタル」(テレビ東京系/毎週金曜放送24:12~ほか)

≪家賃相場≫
後楽園駅
1LDK●16.97万円
2DK●15.03万円

春日駅
1LDK●16.32万円
2DK●15.05万円

飯田橋駅
1LDK●18.17万円
2DK●16.48万円

水道橋駅
1LDK●16.40万円

茗荷谷駅
1LDK●14.33万円
2DK●12.17万円

各エリアの家賃相場は2016/2/12時点(水道橋駅の2DKは現状データなし)。駅徒歩10分以内の賃貸物件の賃料(管理費・駐車場代などを除く)をもとに独自に算出した相場です。情報協力=不動産・住宅情報サイト「HOME'S」調べ

  • 「こんなことで舞い上がっちゃだめだ」と言いつつ、イタリア帰りのひとみの自然なボディタッチに卓三はいちいちドギマギ
  • 【写真を見る】学問の神様として有名な天神様で、生前牛をかわいがっていたことでも知られる菅原道真公をまつる「牛天神 北野神社」
  • 下町巡りの時には常にカメラをぶら下げている卓三。「牛天神 北野神社」の境内で、ひとみの姿を撮影する
  • 左側の頭の部分を撫でながら願いを唱えると、天神様が願いを聞き届けてくれるという「牛天神 北野神社」のねがい牛
  • 「鎌倉、江戸、歴史の中でいろんな人の思いがつまった牛天神」とロマンチックに語る卓三(「牛天神 北野神社」)
  • 狛犬ならぬ“狛牛”がお出迎え。天神様をまつるすべての神社にあるそう(「牛天神 北野神社」)
  • 右側にも表情と向きの異なる“狛牛”が鎮座。愛らしい姿にほっこり(「牛天神 北野神社」)
  • “おみくじむすびどころ”も牛の形をしている(「牛天神 北野神社」)
  • ひとみに元カレの話を聞かされ複雑な思いを抱く卓三だったが、急に「よしよし」とハグをされ舞い上がる
  • 「小石川後楽園」の中央に広がる、琵琶湖の景色を表現した池「大泉水」を眺める2人
  • 京都・嵐山の下を流れる大堰川(おおいがわ)にちなんで名づけられた「大堰川」(「小石川後楽園」)
  • 季節ごとに咲く花や、紅葉も見どころの一つ(「小石川後楽園」)
  • 「海鮮 うにくら」でひとみへの思いを率直に伝える卓三。ひとみに「素敵」と言われ「いい感じだぞ」と心の声でつぶやき気持ちを高ぶらせる
  • ウニ、イクラなど「海鮮 うにくら」の新鮮な海鮮料理を肴に日本酒を味わう2人
  • 「海鮮 うにくら」の「うにくらゲタ盛り」¥1520。ウニとイクラのほか、アジのなめろう、おまかせ刺身2種(写真はホッケとメバル)、珍味(写真はイカとウニの酒盗あえ)がのる
  • 入口は階段を数段下りた半地下にあり、外からも見つけやすい(「海鮮 うにくら」)
  • (右から)ウニに合う青森県の「陸奥八仙 漁大」1合¥1026、三重県の「作」1合¥1058、山口県の「獺祭」1合¥1166(「海鮮 うにくら」)
  • 調理風景を目の前で見られるカウンター席と、テーブル席もある(「海鮮 うにくら」)
  • 「海鮮 うにくら」の調理主任・小田大樹さん。気さくな店員さんたちとの会話も楽しみたい
  • 千川通りから上る「播磨坂さくら並木」の入口。手前の彫刻作品は掛井五郎作「地下水」
  • 春日通り側からの「播磨坂さくら並木」入口。手前の広いスペースは「街角の応接間」という名前が付いている
  • 遊歩道の途中には鑑賞用の水路も設けられている(「播磨坂さくら並木」)
  • 卓三とひとみが待ち合わせた「礫川公園」。奥に東京ドームシティのジェットコースターが見える
  • 後楽園駅を出てすぐ、目の前に広がる「礫川公園」
  • 東京ドームをバックに見た後楽園駅。ショッピングセンターが直結している
  • 傳通院(でんづういん)の前に「歴史と文化の散歩道」と書かれた案内板が設けられ、小石川寺町の散歩コースが紹介されている
  • 大きなマンションやオフィスが並ぶ春日通り。交通量は多いが、一本入るだけで静かな住宅地が広がっている
  • なにげない道の途中にたたずむ、詩人・歌人・評論家としても有名な「石川啄木終焉の地 歌碑・顕彰室」。ゆかりの文人が多い文京区ならではのスポット
  • 茗荷谷駅前は、スーパーやカフェ、ファミレスなどがそろう

関連記事


おすすめ情報

写真で見るニュース

  • 元乃木坂46・深川麻衣が魅せる!“まいまい”スマイル全開SHOT14連発
  • 【写真特集】美しすぎる“女囚”ファッションショー激写! 美の共艶30枚
  • TDL「ディズニー・イースター」デコレーション 画像全15点
  • 東京ディズニーランド「うさたま大脱走!」2017 画像全20点
  • サッカー日本代表、世界への道!4ゴール快勝でついに首位浮上
  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!