「あやカノ」主題歌は小林武史プロデュースの大型新人

映画「あやしい彼女」は4月1日(金)にロードショー
  • 映画「あやしい彼女」は4月1日(金)にロードショー

4月1日(金)に公開される多部未華子主演映画「あやしい彼女」で、観客をとりこにする多部の魅力あふれる本予告映像が解禁された。また、同作の主題歌を歌う小林武史プロデュースの大型新人・anderlustの主題歌「帰り道」の楽曲も初披露される。

今回解禁される映像では、多部のコメディエンヌぶりがいかんなく発揮された笑顔、驚き、照れ、泣き、白目?といったさまざまな表情に加え、本作で初めて本格的に挑戦した歌唱が披露される。

小林の手でアレンジされた往年の名曲「真っ赤な太陽」や「見上げてごらん夜の星を」などを、多部が情感たっぷりに見事に歌い上げている。

そして謎に包まれる主題歌アーティストのanderlustは、シンガーソングライターの越野アンナが、新しい音楽表現を追求するためベーシスト・西塚真吾と結成したユニット。

日本人離れしたメロディーセンスと卓越した歌唱力が評価され、越野は'14年6月に雑誌「NYLON JAPAN」×「SonyMusic」が主催するオーディション「JAM」でNYLON賞を受賞した。

Mr.ChildrenやMy Little Loverなど、数多くの大物ミュージシャンをプロデュースし続ける、日本を代表する音楽人の小林武史。

そんな彼のプロデュースの下で制作されたデビュー曲「帰り道」が、映画監督・水田伸生氏の耳にとまり、anderlustはいきなり映画「あやしい彼女」の主題歌に起用されるという大抜てきを受けた。なお、越野は映画本編にも出演している。

水田監督は「小林武史さんと一緒に作ったという、書き下ろしデモを聴いて、楽曲の圧倒的な魅力、アンナの透明で伸びやかな歌声に即決しました。その時に私の頭に浮かんだアイデアは『アンナの映画出演♪』…アンナは快諾してくれただけでなく、演技者としても私を魅了してくれました!」と、絶賛した。

映画「あやしい彼女」
4月1日(金)ロードショー

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報