アプガが先輩ももちに宣戦布告「ガンガンいく!」

「もんげー岡山!ダンスプロジェクト」楽曲&振付発表会に出席した葛城ユキとアップアップガールズ(仮)
  • 「もんげー岡山!ダンスプロジェクト」楽曲&振付発表会に出席した葛城ユキとアップアップガールズ(仮)

“おかやま晴れの国大使(仮)”のアップアップガールズ(仮)が、2月15日に都内で行われた「もんげー岡山!ダンスプロジェクト」楽曲&振付発表会に出席した。

michitomoの手によってアレンジされた岡山PRソング「もんげー岡山!」のダンスバージョンの振り付けを考えたアプガの7人は、この日報道陣の前で初披露。

銅像のポーズやサル、キジ、イヌをイメージした桃太郎に関連する動きのほか、桃をイメージして尻を振るなど、「もんげー!岡山」をイメージする動きを数多く盛り込み、アプガらしい楽しくて元気いっぱいな踊りを見せた。

また、この日はオリジナルバージョンを歌う葛城ユキも登場し、葛城が歌とアプガのダンスによるコラボレーションも実現した。葛城は「私が入って、ちょっと年齢アップガールズになっちゃったけど、華やかで元気はつらつ。岡山出身じゃないのに、こんなに一生懸命でありがたくて心強く感じた」とアプガに感謝。「バックで踊ってもらうとパワーが倍になる。いつか機会があれば」と、ライブでの共演も提案した。

今後、このダンスを基にPV動画を制作。3月にはインターネットにアップし、9月28日(水)までの半年間で視聴回数20万回を超えれば、(仮)を取った“おかやま晴れの国大使”となることも決まっている。

仙石みなみは「高い壁だけど必ず20万回見ていただけるよう、岡山県のPRとともに、皆さんに踊ってもらえるように、もんげー頑張っていきたい」、佐保明梨は「20万回を超えて、アプガの目標である日本武道館に立てるように頑張るぞ!」と、それぞれ意気込みを語った。

さらに、'15年12月に「もんげー部」に入部したカントリー・ガールズについても言及。森咲樹が「後輩グループには負けてられない」と切り出すと、新井愛瞳は「桃といえばカントリー・ガールズのももち(嗣永桃子)さんではなく、アプガになるように。同じ7人組のグループだし負けられない」と、先輩ももちにかみついた。森も「『ももち体操』(ももち!許してにゃん体操)よりも『もんげー岡山!』のダンスバージョンが有名になるように。後輩だからって引き下がらず、アプガらしくガンガンいきたいと思います!」と宣戦布告した。

同曲のPV映像は3月19日(土)、20日(日)に神奈川・パシフィコ横浜で開催される「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2016」で初お披露目。同イベントにはアップフロントグループ所属のタレントが多数出演する。

キーワード

[PR] おすすめ情報