“椿フォンデュ”にべっこう寿司!伊豆大島グルメ

大島特産のツバキ油でエビやアシタバを揚げて食べる“椿フォンデュ”はホテルの名物料理
  • 大島特産のツバキ油でエビやアシタバを揚げて食べる“椿フォンデュ”はホテルの名物料理

ツバキ咲き誇る別世界、伊豆大島へ行ったら名物のツバキを使った料理を味わいたい。

「大島温泉ホテル」の“椿フォンデュ”は、宿泊者用の夕食として提供されているメニュー。伊豆大島の特産品であるツバキ油で、エビやキス、アシタバなど串に刺さった島の食材を自分で揚げて食べる。ツバキ油は健康に良いと言われるオレイン酸を多く含んでおり、食材がカラッと揚がるのが特徴。実際に食べた人は「いくらでも食べられる」と口をそろえる評判だ。

また、元町港から車で5分ほどのところにある「雑魚や 紀洋丸」の「べっこう寿司」(870円)にも注目。“べっこう”とは、島トウガラシをしょう油に漬け込んだ唐辛子しょう油に、魚の切り身を漬けたもの。べっ甲のようなつややかな色になるためそう呼ばれてきたが、島の先人たちが生み出した保存食でもある。

島にはべっこう寿司が食べられるお店はたくさんあるが、雑魚や 紀洋丸なら、他にも「たたき揚げ」や、「あしたばの護摩あえ」といった伊豆大島の郷土料理を食べることができる。

各地の地酒も多く揃えているので、夜に地元の人たちと交流しながら一献するのも悪くない。【東京ウォーカー】

■大島温泉ホテル
住所:東京都大島町泉津字木積場3-5
電話:04992-2-1673 
時間:IN15:00、OUT10:00 
料金:1万2474~(1室2名利用、1泊2食付/1人当たり) ※参考料金

■雑魚や 紀洋丸
住所:東京都大島町元町馬の背
電話:04992-2-1414 
時間:ランチタイム11:30~13:30、ディナータイム17:00~20:30  
休み:木曜、最終水曜
席数:50席、分煙

詳細は2月20日発売の東京ウォーカー2016年3月号に掲載!
最新号・バックナンバーの購入:雑誌バックナンバー販売コーナーへ
BOOK☆WALKERで2016年3月号電子書籍を購入!
Kindleで2016年3月号電子書籍を購入!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報