ジャスティン・ビーバーと手をつないだ弟がかわいすぎ!

現地時間の15日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで第58回グラミー賞の授賞式が行われ、ジャスティン・ビーバーが『Where Are U Now』で優秀ダンス・レコーディング賞を受賞。見事復活を果たした。

【写真を見る】自身初となるグラミー賞受賞を果たしたジャスティン
  • 【写真を見る】自身初となるグラミー賞受賞を果たしたジャスティン

腹違いの妹ジャズミンと弟ジャクソンがいるジャスティンは、弟妹思いで有名だが、この日ジャスティンは、6歳の弟を連れてレッドカーペットを歩いた。

弟思いなジャスティン
  • 弟思いなジャスティン

ジャスティンは、カルヴァン・クラインの広告塔で見せた金髪のオールバックに、黒いシャツとズボン、そして白いジャケットでバッチリ決めていたが、白いシャツに黒いタキシード姿のジャクソンとしっかり手をつなぎ、フォトコールに応じた。

米テレビE!で、すっかり少年らしくなったジャクソンが、かつて「ビーバーヘア」として一世を風靡した右前に前髪を垂らしたヘアスタイルで登場すると、早速「かわいい!」とツイートが飛び交った。またジャスティンがしゃがんで、ちょっと膨れ顔でポーズを決めるジャクソンの左頬にキスをするシーンや、おふざけの攻撃でご機嫌を取る様子などは、子供好きのジャスティンの一面を垣間見ることができ、「心温まる」「ジャスティンも、ショウビズ界にいなければいい人なのかも」といったメッセージが寄せられている。

弟のジャクソンは、2013年の11月の4歳の誕生日に、サングラス姿でジャスティンの代表曲で世界中でメガヒットを記録した「ベイビー feat. リュダクリス」に合わせて踊る姿が動画でポスティングされ、そのかわいすぎる姿が話題となった。また2014年に4歳でインタグラムデビューを果たすとかわいい!と評判になり、フォロワー数は55万件に達している人気者だ。今後の動向が大いに注目されている一方で、「ジャスティンと同じような道を歩まなければいいけれど」と今から懸念の声も挙がっている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報