美肌のための“究極のケア”は「洗顔しないこと」!?

ケアのしすぎは禁物です!
  • ケアのしすぎは禁物です!

モコモコ泡できちんと洗顔、化粧水もたっぷりつけて…。実は、その熱心なスキンケアが、肌をいためている原因かもしれません。

洗顔も化粧水も、「健康な肌」にはとても大切なこと。しかし、どちらも「弱った肌」状態のとき行なうと、肌のバリア機能を壊してしまうケアだって知ってました!? しかも、現代の20代、30代女性の多くは、ストレスや間違ったお手入れなどで「弱った肌」なのです。たとえば…

・いくら保湿しても乾燥する

・同じところにニキビができる

・乾燥するのに、Tゾーンはテカる

・いいコスメを使っても、イマイチ効果が実感できない

これ全部、肌が「弱っている」と起きる不調。思い当たる人が多いのでは? でもここで、頑張ってケアすると、逆効果。上記の不調が起きている肌は、内部で炎症も起きていることが多いので、マッサージも厳禁です。

「弱った肌」の人は、肌のバリア機能を壊さないためのケアが最優先。それが「洗わない」スキンケアです。やり方は簡単。洗顔は「ミルククレンジング」だけ(朝も)、保湿は「クリーム」だけ。

たったこれだけを、2週間続けるだけで、キメが整い、肌の力がアップしてきます。汚れは落ちる? 潤いは大丈夫?と思うかもしれませんが、大丈夫。むしろいままでお手入れしすぎだった、と気づくはずです。お金もかからないし、らくちん。でも、正しいケアを知れば、肌は確実にきれいになります。

もちろん、元気になったら、いつものケアに戻して大丈夫。元気な肌なら、いつものケアが何倍も効く、うれしいおまけつきですよ。【雑誌「シュシュ」6月25日発売号「肌と髪が変わる、新らくちんケア」特集より一部転載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報