ストレスが原因!?“育毛ケア”する女性が増加中

ひたいのうぶげをチェックしてみましょう
  • ひたいのうぶげをチェックしてみましょう

最近、ヘアケアをしているのに、頭皮がぼろぼろで、薄毛や抜け毛に悩む30代女性が急増しているそう。この原因は、不規則な生活や偏った食事、仕事や人間関係のストレスなどが原因。ホルモンバランスが乱れることで、頭皮の血行不良を招いて、髪への影響がでているのです。

最近は、女性も気軽に診療できる「頭皮外来」が増えてきています。専門医が、頭皮の状態を診断し、最適なケアや医療品の育毛ケアなどを処方してくれるのです。

東京・銀座にある「AACクリニック銀座」もそのひとつ。女性の来院数が毎月増えており、08年3月から09年3月までの1年間で、約130%も増加。それだけ頭皮に悩む女性が増えているということ。パッケージなどが、ぱっと見では“育毛ケア”とわからない、女性向けの育毛ケア製品も、ここ1〜2年で次々と発売されてます。

ちなみに、女性の場合「ハゲる」ではなく、「薄毛になった気がする」「抜け毛が増えた」などが多い悩み。ただし、ココで気をつけたいのが、気にしすぎの人も多いことです。女性でも35歳をすぎれば、次第に本数も太さも減ってくるのは、むしろ自然。もちろん、頭皮の老化を防ぐために、頭皮マッサージや育毛剤を使ってのケアは有効ですが、気にしすぎると、それがストレスになって、さらに薄毛が進行してしまうこともあるので、要注意です。

●いますぐ「頭皮の老化度」がわかる3つのチェック法

1つでも該当するなら、頭皮老化が進んでいるかも。複数該当する場合は、頭皮改善が必要です。

1.ひたいのうぶ毛が、以前と比べて 薄くなったりなくなったりしている

2.頭のてっぺんの頭皮を指で動かすと、つっぱり感があったり、頭蓋骨にはりついている感じで動かなかったりする

3.頭皮の色が、茶色っぽかったり、赤みがある

【雑誌「シュシュ」6/25発売「肌と髪が変わる、新らくちんケア」特集号より一部抜粋】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報