ラドクリフ「僕はセックスシンボルにはなれない」

優等生タイプ
  • 優等生タイプ

ダニエル・ラドクリフは、自分はセックスシンボルにはなれないと思っているそうで、その理由は“口説き文句が野暮ったい”からだという。彼の外見を気に入って近づいて来る女性は多くても、一度彼が口を開くと、その退屈さに呆れて去っていくのだそうで、綺麗な女性と会話するのが非常に苦手なのだという。

「僕はセックスシンボルとしては最悪だよ。女性を口説くのが得意じゃないから。遠くから僕を見てその気になっている女性も、実際に僕と会うと気が変わるみたいなんだ。僕は話をしていてセクシーさを感じるというタイプじゃないからね。おしゃべりが苦手なんだ。僕にはナンパするということができない」と語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報