彫刻家気分で大ヒット!“クリスタルパズル”新作登場

完成時の高さはなんと19cm。細部までこだわった「キャッスル」
  • 完成時の高さはなんと19cm。細部までこだわった「キャッスル」

2005年に発売され、シリーズ累計50万個の売上げを誇るヒット商品・クリスタルパズル。その新作「キャッスル」(2625円)が7/16(木)よりビバリーから発売される。

とくに女性を中心に人気があるというクリスタルパズルは、クリスタルのような透明ピースを組み上げる“立体ジグソーパズル”。これまでの商品は40ピース前後の物が多く、「もっと組応えのあるものが欲しい」とのユーザーの声に応える形で、105ピースの“大作”の開発に取り組んだ。

その過程では100に及ぶピースをズレなく作り上げられるようにする点に苦労したという。金型の調整を何度もくりかえし、開発にかかった月日は実に2年! そんな悪戦苦闘の末にでき上がったのは、クリスタルのように美しく光り輝く“洋風の城”。従来のものに比べて大きさは約2.5倍で、インテリアとしても完成度の高い一品に仕上がった。

平面のジグソーパズルと比べると“3次元の感覚”は必要だが、じっくりピースを眺めて作れば、誰でも完成することができるという。普通のジグソーが“絵描き気分”なら、クリスタルパズルは“彫刻家気分”が味わえるのが魅力だ。

「新たなシリーズは、今まで以上に組応えのある商品に仕上がっています。“組上げる喜び”“飾る楽しみ”そして“コレクション性”の3つの要素がありますので、ぜひ自分の手で組上げて下さい。素晴らしいディテールに驚いてもらえると思います」と話すのは企画開発部・田口九さん。

今回は「ホース」「ゴールデンホース」とあわせ計3種類が登場する。組応えたっぷりのパズルにぜひ挑戦してみては。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報