神木隆之介と古川雄輝が見つめ合って仲良しトーク!会場も大興奮

神木隆之介と古川雄輝の登場に大歓声!
  • 神木隆之介と古川雄輝の登場に大歓声!

劇団イキウメの同名舞台を実写映画化した『太陽』(4月23日公開)の完成披露試写会が3月7日に一ツ橋ホールで開催され、神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、古舘寛治、原作・脚本の前川知大、監督・脚本の入江悠が登壇。神木と古川という人気者がそろった舞台挨拶とあって、会場は女性ファンの熱気でムンムン。二人が見つめあってトークを繰り広げると、悲鳴のような歓声が沸き起こった。

メンバーが登場するや大歓声が上がり、神木と古川の一挙手一投足に熱心線が注がれたこの日。真冬の秩父で撮影を敢行したそうで、神木は「すっごい寒かったです。古川くんと撮影したのがダムみたいなところで。水辺だから、すごい寒かったよね」と古川と顔を見合わせながら、苦労を吐露。入江監督が「神木くん、カイロを8枚くらい貼っていたよね」と明かすと、神木は「貼ってました!みんなで魂を削りながら、頑張って撮影しました」と充実の表情を見せていた。

すると古川は、「神木くんは『寒い、寒い』と言ってましたけど、一番寒くなさそうにしていた。感情を出すシーンになると、体が温まるせいか一人だけベンチコートを着ていなかった」と現場の状況を報告。まったく寒くなかったように見えていたのが心外だったのか、神木が「本当に寒かったよ」と慌ててコメントする一幕も。続けて、「(演じた)鉄彦のキャラクターとして、感情をむき出しにする芝居をやっていたので、そのときは確かに暑かった」と神木が古川と見つめ合いながら話を進めると、二人の仲良しトークに会場からは悲鳴にも似た歓声が上がっていた。

また、寒さで「コロコロとしていった」と明かしたのが門脇だ。「本当に寒くて、睡眠不足も続いているので、寒い、眠いとなると、人って食欲がわく。いつもの2倍くらい食べていたらコロコロになってしまった」と照れ笑い。完成作を観て「自分がコロコロしているのにびっくりした」と話し、会場の笑いを誘っていた。

最後には神木が「自由に発想ができて、自由な見方ができる映画」と本作の持つ壮大なテーマ性に触れ、「何年後、何十年後とゆっくり、皆さんの中で育っていくような映画になっていけたらいいなと思います」とアピール。大盛況の舞台挨拶を締めくくった。

本作の舞台は、バイオテロにより人類の大半が死滅してしまった近未来。健康な肉体や高い知能を持つ一方、光に弱く夜に活動する新人類“ノクス”と彼らに虐げられる旧人類“キュリオ”の関わりが生む騒動を描く。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報