長さ50cm!プラレールの“電車型”ロールケーキ登場

子供にも大ウケ間違いなし!「プラレール エクスプレスロール」
  • 子供にも大ウケ間違いなし!「プラレール エクスプレスロール」

タカラトミーのロングセラー商品「プラレール」の発売50周年を記念して、長さ約50cmの電車型ロールケーキが登場する。“鉄道発祥の地 品川”にちなみ、エキュート品川内にあるクインビーガーデン直営店「QBG ル パティシエ タカギ」から7/6(月)に限定発売される「プラレール エクスプレスロール」(2940円)だ。

「まず第一に子供たちが喜んでくれるデザインにしました! 実物を見たり、プラレールの長年のファンだという方から意見を取り入れたり…、できる限り電車に近づけた長〜いロールケーキです!」と話すのはタカラトミー広報の村山さん。

この商品は、タカラトミーとクンビーガーデンが親子の新しいコミュニケーションを提案する「ぱぱしえ」から生まれた企画。日ごろ忙しいパパに休日はパティシエに変身してお菓子作りを楽しんでもらおうというもので、「プラレール50周年」という節目でなにかお祝いができないかと考え、クインビーガーデン直営店の電車型ケーキ「エクスプレスケーキ」とのコラボがスタートしたという。

「今回発売する『プラレール エクスプレスロール』は、“親子の笑顔が生まれるスイーツ”をコンセプトにしています。東海道線120周年とプラレール50周年のお祝いとして発売できることをうれしく思っています」(プロデュースした「ぱぱしえ」北時シェフ)。

長さ約50cmのロールケーキは、先頭に「プラレール」50周年のチョコレート製エンブレムを配置。表面には旬のフルーツをトッピングし、“電車のパンタグラフ”や“車輪”などをイメージしたデコレーションを施している。また、自然の甘みの代表であるイタリア産シトラスオレンジはちみつを使用した生地にカナダ産の純粋メイプルシュガーたっぷりのカスタードクリームを巻き込んでいて、大人でも美味しく食べられる本格的な味になっている。

子どもたちの夢を乗せて50年間走り続けてきた「プラレール」。今回の“おいしいコラボ”も親子で楽しめそうだ。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報