“大人の事情”で幻に!「仮面ライダーBLACK」VS「仮面ノリダー」

「仮面ライダーBLACK」で主役・南光太郎を演じた倉田てつを
  • 「仮面ライダーBLACK」で主役・南光太郎を演じた倉田てつを

“昭和最後のライダー”である「仮面ライダーBLACK」で、主役・南光太郎を演じた倉田てつを。子供たちが無邪気に見ていた人気番組の裏側は、ある意味でライダーの戦い以上に壮絶だった。20年間封印していたという“仮面ライダーになった男”の苦悩を前後編に分けてお届け!

「仮面ノリダー」と共演したかった!

――仮面ライダーBLACK(※以下BLACK)での苦い経験といえば?

BLACKと同時期に人気だった「仮面ノリダー」からオファーがあったのに、出演させてもらえなかったこと…ですね(笑)。

――えっ!?「とんねるずのみなさんのおかげです」(フジテレビ系)のノリダーですか?

そう。「-おかげです」からは「BLACKとして出演してほしい」というオファーが何度もあって。

僕はノリダーが大好きだから、すごく出たかったんだけど、BLACKの制作サイドから許可がおりなかったんです。

それで、プロデューサーに直談判しに行ったんですよ。「出させてください!」って(笑)。でも「ダメです」と。

まあマジメに考えると、向こうはフジテレビでこっちはTBSだから、当然なんだけど。

――実現したら夢の共演でしたね(笑)。倉田さん以外のBLACK関係者は、ノリダーを見ていたんでしょうか。

どうかな?撮影現場では「ノリダー」という言葉は“禁句”だったから、分からないんですよ。

――禁句…確かに“正統”なライダーを作っている側からすると、キツイパロディだったかもしれません(笑)。他に辛い思いは?

とにかく、スケジュールがハードでしたね。

まず、BLACKとRX※放送中の2年間はオフをとった記憶が無いんです。1週間のうち収録が6日あって、残りの1日はイベントに出演させられるので。

(※「仮面ライダーBLACK」の第2シーズン「仮面ライダーBLACK RX」)

それに収録がある日は、24時まで撮影して深夜の1時に帰宅、翌日の朝4時には起きて撮影所に行く。というのが普通だったから。

――その生活を2年間ですか…。

だから、よく東映(仮面ライダーの制作会社)の撮影所に泊まってましたよ。

仮眠室なんて無いからスタッフルームのソファで寝て、お風呂は無いから入れない。

当時は「せめて布団を用意してくれよ!」と思ってました(笑)。

――過酷ですね。

というのも、アクションシーンを撮れるような場所が都心から離れてますから、移動にけっこう時間がかかってしまうんです。

早朝に撮影所にみんなが集合して、ロケバスで出発。

あの頃はBLACK以外に「ライブマン」や「ジライヤ」※も東映が制作していて、朝の撮影所にはロケバスがずらっと並んでいましたね。

(※「超獣戦隊ライブマン」「世界忍者戦ジライヤ」ともに88-89年)

それで、しょっちゅう間違えて「ライブマン」のロケバスに乗ってました(笑)。

BLACKのスタッフが集合時間になっても来ない僕を心配して、「倉田はいませんか~!?」って捜しに来るんですよね。

――(笑)。ライブマンの出演陣とは、交流がありましたか?

交流というか…撮影所で“名物”的なものになっていた僕の“ある姿”を、向こうは知っていたみたいですね。

――名物?

BLACKは変身前も変身後も全部アフレコで、声は後から録音してたんです。

新人だった僕は、走っているときの「ハァハァ」という息づかいを、演技で出すことができなかったんですよ。

そうしたら監督が「本当に走ってきなさい、それから録音しよう」と。

その走っている姿が、撮影所の人たちの間で名物的なものになってしまったんです(笑)。

よほど印象が強かったのか、数年後に別の現場でメグミちゃん(※ブルードルフィン役・森恵)と会った時に「よく走ってたよね」と言われました。

南光太郎が号泣した日

「仮面ライダーBLACK」撮影中の苦い経験を語る倉田てつを
  • 「仮面ライダーBLACK」撮影中の苦い経験を語る倉田てつを

――そんなことが(笑)。監督が厳しかったんですか?

そうですね(笑)。

監督は回ごとに違うので、何人かいたんですが。「走ってこい」と言われたのは小林義明※さんという有名な監督です。

(※「電子戦隊デンジマン」(80-81年)、「宇宙刑事ギャバン」(82-83年)なども担当)

BLACKが俳優デビューだった、ほぼ素人の僕を育ててくださったので、今でも本当に感謝してるし、大好きなんですが…。

2年前、BLACKのブルーレイ特典として収録した座談会で久しぶりにお会いしたときも「苦手だな…」と(笑)。

――怖いんですか?

いえ、怖くはないんですよ。激しく怒る方ではないので。

ただね、ぼそっと「全然ダメだな…」って言うんです。

これが“メンタルにくる”んですよ(笑)。

――確かにキツイですね。どんな演技に対して言われたんですか?

一番覚えているのは“ただ歩く”シーン。

BLACKの第1話で、光太郎がバイクから降りて自宅に入っていく場面があるんですが、30回もNGになったんです。

「歩き方が全然カッコ良くない。ヒーローじゃないね…」と。

――ヒーローらしい歩き方とは?

それが僕も分からないから、何度もNGになったんです。

途中で「監督!ヒーローの歩き方を教えて下さい!!」と頼んだんですよ。

でも監督は「お前が自分で考えろ。役者をやっていくんなら」と…。

――厳しい言葉ですね。

でも、何度やってもOKが出ず。静かに「はい、もう1回」と言われるだけ。

もう情けなくて悔しくて…。

撮影前には「先輩たちに負けない新しいライダーを作るぞ!」と意気込んでたんです。

子供の頃から見ていたライダーになれるなんて鳥肌が立つくらいうれしかったですから、自分なりに演技プランを考えていました。

でもそれが撮影中に全部崩されて、歩くことさえOKが出ない…。

収録の合間、泣きながらマネージャーに「役を降りたい」と言いました。「作品のために、僕じゃない方がいい」と。

――マネージャーはなんと?

それが…慰めてくれると思ったら「好きにすれば?」って(笑)。

でも、逆にそれで吹っ切れたんですよ。

「ここでやめたら俺は終わるな。じゃあ、どうなってもいいからやってみよう!!」と。

けっきょく、たった数分のシーンに4時間かけて、やっとOKが出ました。

監督は、妥協でOKを出してくれたんでしょうけどね。

――その小林監督に「認めてもらえたな」と思ったタイミングは?

RXの第1話だから、そのときから1年後ですね。

「ちょっと成長したね」と言われました(笑)。

(※この記事は「週刊ジョージア」の「ほろ苦インタビュー」から抜粋したものです。全文は「週刊ジョージア」<https://weekly-g.jp>でご覧いただけます)

【週刊ジョージア】

WEBマガジン「週刊ジョージア」で全文を読む方はこちら!(無料/登録不要)

関連記事



倉田てつを●くらた・てつを。68年生まれ、東京都出身。代表作は「仮面ライダーBLACK」「君の名は」など。

構成/questroom inc. 撮影/中村文隆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報