山本耕史、プリキュアの大きなお友だちに感動「勇気づけられた!」

プリキュアの大人層への人気に感動!
  • プリキュアの大人層への人気に感動!

『映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』の初日舞台挨拶が3月19日に新宿バルト9で開催され、声優の高橋李依、堀江由衣と、ゲスト声優を務めた新妻聖子、山本耕史が登壇。大きなお友だちも多く駆けつけた劇場を見渡し、山本が「意外と僕側の人がいっぱいいる。勇気づけられました!」と笑顔で語り、大歓声を浴びた。

男性ひとりでの舞台挨拶参加に「心細いところもあった」という山本。「もしかしたら女の子たちがたくさんいるのかと思っていたら、意外と僕側の人がいっぱいいる。驚いた」とプリキュアの大人層への人気ぶりに驚き、「本当にうれしいです。自分の中でファン層がいきなり広がった。ここからいろんな方に観ていただけるんだと、勇気づけられました」と熱く感謝の言葉を語り、大きな拍手を浴びていた。

春にちなんで「始めたいこと、卒業したい」ことを聞かれた場面でも、「ひとりで映画館に行くことはあまりないんですが、プリキュアを観に行ってみようかな」と山本。「先入観で、来れないだろうなと思っていた。これ、来れますね!」と再び会場を見渡してにっこり。「いい映画で感動的でした。いきなり出てきてすぐに変身して、すぐに戦う。すごい高揚する。心をつかまれるものを描いている」と作品のクオリティにも感心しっぱなしだった。

また、アフレコは「一人で録ると思っていたら、全員いた」とのことで、プリキュア声優に囲まれた収録となったそう。山本は「マイク前が空いていないなと思うと、サッと空けてくださる。皆さんが誘ってくれた」とコメント。「楽しかったです。素晴らしい力のある現場に行かせていただきました」と貴重な経験に喜ぶことしきりだった。

キュアミラクル役の高橋は、「魔法つかい組とプリンセスの皆さんと出会うという歌のシーンを見たときに、最初から泣いてしまって。私たちもプリキュアの一員になれたのかなと思うことができた」、キュアマジカル役の堀江も「アフレコで、プリキュアの皆さんのご活躍を間近で見られて。『本物だ、本物だ!』とワクワクとしながら参加させていただいた」と先輩プリキュアとの共演に大喜びだった。

本作は、歴代のプリキュアが大集合する劇場版第20弾。シリーズ初の本格的なミュージカル作品となり、歌と魔法の世界で紡がれる“プリキュアの涙”をめぐるストーリーが繰り広げられる。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報