高野人母美、始球式でほんとにノーパン(!?)な美脚披露

セクシーかつスポーティーないでたちで始球式に登場し、自慢の美脚を披露したモデルでボクサーの高野人母美
  • セクシーかつスポーティーないでたちで始球式に登場し、自慢の美脚を披露したモデルでボクサーの高野人母美

モデルで女子プロボクサーの高野人母美が、QVCマリンフィールドで行われたプロ野球ロッテ対日本ハムの始球式に登場した。

マウンドに上がった高野は、キャッチャーのサインを神妙に覗き込んだ後、大きく振りかぶると背番号7のユニホームはオーバーサイズのためボタンが全開。サーモンピンクのスポーツブラがあらわに。さらにロッテOB・村田兆治のマサカリ投法かのように大きく左太ももを振り上げると、タイトなショートパンツから自慢の美脚が飛び出し、あまりのタイトさにノーパン(!?)と目を疑いたくなるようなフォームで観客からは歓声が。しかも、一度左足を上げたにもかかわらず、バランスを崩したのか、再度左足を地面に付けるとスタンドからは「ボークだろ~」と美脚に魅了された男性客からのヤジが飛び球場を沸かせた。再度、左足を高々と上げて投げ込んだ渾身の一級は、残念ながらノーバンとはいかず、大きく逸れたワンバウンド投球になったが笑顔で手を振りマウンドを後にした。

 始球式後、高野は「野球に興味を持ち始めたときから、いつか始球式をしたいとずっと思って、口にしてきました。夢がかなってうれしいですし、夢は強く願えばかなうのだと思いました。緊張してほとんど何も覚えていません。もともと緊張するタイプなので、大観衆の中で投げた体験を自信に変えて、ボクシング人生に生かしたい」と興奮冷めやらぬ様子で語っていた。

別冊カドカワ
総力特集 千葉ロッテマリーンズ2016
価格1574円+税
4月2日(土)発売
発行:(株)KADOKAWA

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報