「気が合うな!」仮面ライダーゴーストとジュウオウジャーが共演

3月27日放送の「動物戦隊ジュウオウジャー」と「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)が「春休み合体ヒーロー祭り」としてコラボレーションを果たし、ヒーロー同士が力を合わせて敵をやっつけた。

朝7:30から放送の「動物戦隊ジュウオウジャー」第7話タイトルは「ゴゴゴゴーストが出た」。主人公の風切大和(中尾暢樹)たちがジュウオウジャーの敵組織・デスガリアンを探していたところ、なんと目の前に現れたのは仮面ライダーの敵であるショッカーの改造人間・シオマネキング。そこへ「仮面ライダーゴースト」の主人公・天空寺タケル(西銘駿)が駆け付けて仮面ライダーゴーストに変身! 初めて見るゴーストに、戸惑うジュウオウジャーたちだったが、協力してシオマネキングを倒すことに。

「すっげぇ!君たちもなかなかやるね!」と仮面ライダーゴーストが敬意を表しジュウオウジャーの変身ポーズをマネするサービスショットもあった。ゴーストとジュウオウジャーは共にシオマネキングを撃破した。

そして朝8:00からの「仮面ライダーゴースト」第24話は「出現!謎の戦士!」と題し、今度は仮面ライダーの世界にジュウオウジャーが来た。タケルが怪人・ヤマアラシロイドに襲われそうになっているところに大和が現れ「偶然だよ。でもさっきの借りは返せるな」と爽やかに登場。決めゼリフと決めポーズをお互いに連発し、武器を見せあって「似てるな! 気が合いそう」と話すなど2人はすっかり仲良しになっていた。怪人を倒し「また一緒に戦おうな、ジュウオウイーグル!」と言って別れたところを見ると、再び共演する日も来るかもしれない。

スーパー戦隊シリーズの40作目である「動物戦隊ジュウオウジャー」と、45周年に突入している「仮面ライダー」シリーズ。記念の節目に2作品が夢の共演を実現したことは、これからの可能性を大いに感じる、非常にワクワクするお祭り回となった。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報