「ドラクエがうらやましかった!鳥山明さんを使えるなんて…」FF生みの親がホンネ激白!!

「ファイナルファンタジー」の生みの親・坂口博信
  • 「ファイナルファンタジー」の生みの親・坂口博信

全世界でシリーズ累計1億本以上を売るRPG「ファイナルファンタジー」。その“生みの親”として知られるのが、当時スクウェア(現:スクウェア・エニックス)に所属していた坂口博信だ。世界的な人気タイトル制作の裏に隠された、“ほろ苦い”体験を2回に分けてお届け!前編では、意外過ぎる「ドラクエ」との関係に迫る!!

「ドラクエ」の鳥山さんには絶対勝てない…!

――「ファイナルファンタジー」(※以下、FF)は「ドラゴンクエスト」(※以下、ドラクエ)と比較されることが多いです。「勝った!」と思う部分と「負けた!」と思う部分は?

勝ったといえばタイトルナンバーかな。ワン、ツー、スリー、というね。

1が出たのはドラクエの方が先なんだけど、6でFFの方が先に出るようになりました。

あまり重要じゃなさそうですけど(笑)、実はそうやって短期間に発売し続けるっていうのは、とても大事なことなんですよ。

――なるほど。では「勝てなかったな…」という部分は?

ドラクエの絵が「鳥山さん」だということです(笑)。

こればっかりは、どうやっても勝てないです。

――FFの天野喜孝さんが描いた幻想的なイラストも好評なのでは。

FFは「ドラクエとは違うゲームを作ろう!」と思って制作しましたし、FFには天野さんの絵がふさわしいんですよ。

だけど、それとは別の話で鳥山さんは“神様”じゃないですか?

僕も「ドラゴンボール」を読んでいてファンだったし。

だから、どうしても鳥山さんと一緒に仕事がしたかったので、FFとは別の作品として「クロノ・トリガー」※を作ったんですよ。

(※スクウェアより発売。坂口氏がプロデューサーを務め、鳥山氏がキャラクターデザインを手がけた)

――えっ!?そのための作品だったんですか?

そうです(笑)。

いや、もうね…感動でした。鳥山さんの絵でゲームが作れるなんて。

――しかし、ドラクエとライバル関係にあるFFの会社のゲームに、よく描いてくれましたね。

当時ジャンプの編集長で、鳥山さんの初代担当編集だった鳥嶋(和彦)さん※と付き合いがあったので、その方からお願いしてもらったんですよ。

(※鳥山明の“育ての親”とも呼ばれる編集者。「Dr.スランプ」のキャラ「マシリト」のモデル)

「鳥山さんに描いてほしいんです!それを目標に頑張ってきました!!」って。

――鳥嶋さんは、何とおっしゃったんですか?

「鳥山くんを使いたいのか?まぁ、いいんじゃないか?本人に話してみるよ」と。

――軽いですね(笑)。そもそもなぜ、ジャンプの編集長と付き合いが?

鳥嶋さんは大のゲーム好きだから、最初はFFを作っている僕と会いたいということで呼び出されたんですよ。

FF3が発売して、FF4の開発が始まる少し前くらいのことです。

その頃は、「ジャンプの“袋とじ”でゲームを紹介されれば100万本売れる!」と言われていまして。

「うわっ!ラッキー♪」と思って会いに行ったんですよ。

でも、いざ会いに行ったら…初対面なのに、FFのことを“ボロクソ”に批判されまして(笑)。

――ボロクソ?

「なんでFFがつまらないか分かるか!?キャラが立ってないんだよ!あんなキャラに感情移入できるか!?」という内容でしたね。

話している間ずっとそんな悪口を言われてて、1時間くらいしたら「じゃあな!」と去っていきました。

――ええっ!?悪口を言うためだけに呼ばれたんですか?

いや(笑)。根はいい人なんだけど口が悪いだけで、“良かれ”と思って、アドバイスをしてくれたんですよ。

僕も「ふざけんな!」と思いつつも、参考にしたので、FF4はキャラ重視のゲームになったんです。

――鳥嶋さんの意見が元になっていたんですね。

そうですよ。

なんと言っても「ジャンプ」の編集者として、作品を面白くするためのノウハウを持った方がアドバイスをしてくれるんですから、ありがたいですよ。

それから何度も鳥嶋さんの所に通って、キャラクターやドラマの重要性について学びました。

いわば“編集者と作家”として指導してくれていたようなもの。

FFには“ジャンプ魂”が入っているんですよ(笑)。

――鳥嶋さんのおかげだと。

そういえば実は、ドラクエ制作のきっかけも鳥嶋さんなんですよね。

当時ジャンプでフリーライターをしていた堀井(雄二)さんに、鳥嶋さんが、

「鳥山明に絵を描かせるからさ、堀井くんがシナリオ描いて、ゲーム作ってよ」と持ちかけたことから始まっているんです。

だからFFもドラクエも“裏のプロデューサー”は鳥嶋さんなんですよ(笑)。

【週刊ジョージア】

<現在配信中の「週刊ジョージア」では、他にも高橋名人や堀井雄二など、さまざまな著名人の「ほろ苦インタビュー」を公開中!>
■スマホマガジン「週刊ジョージア」(無料/登録不要)
アプリ版も!iOSAndroid対応/料金無料

坂口博信●(さかぐち・ひろのぶ)62年生まれ、茨城県出身。「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親として知られる。現在はゲーム制作会社「ミストウォーカー」の代表取締役社長。

構成/questroom inc. 撮影/宮腰まみこ

◆坂口博信氏の最新作!スマートフォン用RPG「TERRA BATTLE」は、スマホならではの軽快なタッチ操作と坂口氏の作品らしい本格的なゲーム性が両立された意欲作!!
iOS版DLAndroid版DL

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報