羽生パーキングエリア“鬼平江戸処”で春を満喫

弁多津の「たいめいけん たんぽぽ麺」(990円)
  • 弁多津の「たいめいけん たんぽぽ麺」(990円)

東北自動車道・羽生パーキングエリア(上り線)の商業施設「鬼平江戸処」では、土曜と日曜、そして祝日に大道芸を開催している。

4月は、「猿回し」「新内流し」や「江戸里神楽」など、華やかで春を感じさせる演目が中心だ。天候により、内容は変更・中止となる場合ありので、スケジュールは鬼平江戸処のホームページでチェックして頂きたい。

また、新メニューも登場。中華そばの弁多津では4月11日(月)から発売する「たいめいけん たんぽぽ麺」(990円)がイチオシだ。日本橋たいめいけんの監修によるオリジナルで、たいめいけんの人気メニューであるオムライスをイメージしたタマゴが麺の上に乗る。

本所さなだやの「若竹そば」(950円)は、九州産のたけのこと三陸産のわかめを使用した春を感じられる一品だ。こちらは、この時期のみの、数量限定メニューなので、チェックしてほしい。

その他、立ち食い処 屋台連で販売中の「いちごソフト」(370円)はとちおとめを使用したジューシーなソフトクリーム。甘さと酸味が絶妙だ。

これから暖かくなる季節、立ち寄った際にはぜひ利用してみてはいかが。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報