おでかけ

土偶から妖怪ウォッチまで大集合!「大妖怪展」開催

東京ウォーカー 2016年4月10日 10時00分 配信

縄文時代から現代に至るまでの4000年間の妖怪を集めた「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」を東京・大阪で開催する。東京都江戸東京博物館では7月5日(火)から8月28(日)まで、あべのハルカス美術館では9月10日(土)から11月6日(日)までとなる。

すべての写真を見る(11件)
平安時代から縄文時代の国宝「辟邪絵」をはじめ、現存する最古の「百鬼夜行絵巻」として名高い真珠庵本などの中世絵巻といった重要文化財までもが展示される本展には、各時代を象徴する妖怪たちが名を連ねる。

浮世絵に描かれ庶民に親しまれてきた妖怪や幽霊たち。特に幽霊は歌舞伎を題材にしたものが多く、かの葛飾北斎や歌川国芳らが描いた浮世絵の妖怪は、現代でも広く浸透し高い人気を誇っている。なかでも、楽器やヤカンなどの器物が妖怪に変化した姿を描いた月岡芳年「百器夜行」や、スタジオジブリのアニメにも登場した巨大ガイコツが印象的な歌川国芳「相馬の古内裏」など色彩豊かな作品は必見。

そもそも妖怪の源流は、仏教の伝来によって地獄の思想が広まり、もののけや鬼が地獄の獄卒や奇怪な生き物として造形化されたとされている。先述した「辟邪絵 神虫」(部分)は平安時代の傑作中の傑作と称され、1日に3300の鬼を喰らうという異界の怪物を描いた作品で、必ず目にしておきたい。

縄文人の自然に対する畏れや無邪気な心情を造形化した土偶に始まり、日常生活の異変を妖怪の仕業とし形象化した「妖怪ウォッチ」に至るまで、妖怪は現代社会の心のあり方を投影している。

今年の夏は、妖怪祭りを体感すべくぜひ「大妖怪展」に足を運んでみて。【東京ウォーカー】

■大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで
期間:7月5日(火)~8月28日(日)
会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
時間:9:30~17:30(土曜日は19:30まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
料金:一般1350円(1140円)、大学・専門学校生1080円(870円)、小・中・高校生・65歳以上680円(470円)
※未就学児は入館無料
※()内は前売

期間:9月10日(土)~11月6日(日)
会場:あべのハルカス美術館
時間:火~金 10:00~20:00 月・土・日・祝10:00~18:00
※入館は閉館時間の30分前まで
料金:一般1300円(1100円)、大学・高校生900円(700円)、中学・小学生500円(300円)
※()内は前売

  • 現存する最古の「百鬼夜行絵巻」として名高い中世絵巻
  • 1日に3300の鬼を喰らうという異界の怪物を描いた「辟邪絵 神虫」
  • 巨大妖怪土蜘蛛の腹の中からしゃれこうべが溢れ出る「土蜘蛛草紙絵巻」
  • 異形であるが、どこか親しみの持てる造形「みみずく土偶」
  • 北斎の弟子・高井鴻山が描いた「妖怪図」
  • 平太郎が毎夜現れる妖怪たちをものともせず受け入れる「稲生物怪録絵巻」
  • ろくろ首も北斎にかかるとこんなにお茶目「北斎漫画 十二編」
  • 地獄で人間が責めさいなまれる姿を描く「別世界巻」
  • ジブリのアニメにも登場した巨大ガイコツ「相馬の古内裏」
  • 器物の妖怪の江戸的変化「百器夜行」
  • 見越入道や一つ目小僧などの妖怪たちは、子どもに悪夢を見させた「化物の夢」

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • 元乃木坂46・深川麻衣が魅せる!“まいまい”スマイル全開SHOT14連発
  • 【写真特集】美しすぎる“女囚”ファッションショー激写! 美の共艶30枚
  • TDL「ディズニー・イースター」デコレーション 画像全15点
  • 東京ディズニーランド「うさたま大脱走!」2017 画像全20点
  • サッカー日本代表、世界への道!4ゴール快勝でついに首位浮上
  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!