桜、チェリー、桜坂…一番好きな桜ソング

オレたちのランキング
  • オレたちのランキング

世の中のランキングを見て、少し違うかも?なんてギャップを感じていませんか?ならば週刊ジョージア読者世代だけで納得できるランキングを作ろうではないか!“オレたち”だけのランキング投稿結果をご覧あれ!

一番好きな桜ソング
  • 一番好きな桜ソング

一番好きな桜ソング

春といえば、桜のシーズン。卒業式や入学式、就職や異動など、環境の変化を伴うイベントが重なっていることから、桜を見て出会いや別れを思い浮かべる人も少なくないのでは?

そんな”桜”を題材にした曲がJ-POPには多い。この季節になると街中では”桜ソング”が流れ、歌番組で特集されることもよくある。そこで週刊ジョージア読者が「一番好きな桜ソング」を募集してみた。

どんな声が集まったのか投稿を見ていこう!!
  • どんな声が集まったのか投稿を見ていこう!!

●桜坂(福山雅治)

ウッチャンナンチャンのテレビ番組中の企画「未来日記」があってこそなんだけど…ま~どはまりでした!若い人たち知ってるかな~?確かに曲もイイ曲だけど「未来日記」との相乗効果はハンパないっス!(どっこいしょ)

●桜(Janne Da Arc)

ジャンヌといえば卒業ソングである「振り向けば…」が世間的に有名ですが、やはり桜といえばこちら。ベースのka-yuの実体験に基づいた歌詞が胸に突き刺さるのもありますが、この曲の良さはやはり美しいメロディーラインだと思います。桜ソングは歌詞ばかりが注目されがちですが、ジャンヌの「桜」はメンバーの確かな演奏力が存分に生かされた名曲です。(たこわさび)

●桜(コブクロ)

桜の散るころを描いたところがツボです。2人の歌声と合ってて、最初聴いたときは鳥肌が立ちました。(ゴリゾー)

●さくらの花の咲くころに(渡辺美里)

15歳でしたねー失恋しましたねー勇気をもらいましたねー。まさか不惑を過ぎてからも口ずさむとは思いませんでした。良い歌です。(弱気なトルネコ)

●チェリー(スピッツ)

定番過ぎるかもしれないけど、桜の季節の切なさをあくまでも軽やかに歌った名曲だと思います。小学校6年生のときに、WOWOW(実家が契約してた)でずーっとこのPVが流れていて、その緩くどこかおかしいような彼らの世界観のとりこになりました。以来20年、いまカラオケで歌ってもみんな一緒に歌ってくれるんだから、やっぱすごいと思う。(ゆきと)

●夜桜お七(坂本冬美)

それまでのド演歌調から、ガラリとイメチェンした感じの曲です。日本人の琴線に、ビンビン響く歌詞とメロディーに降参しました♪実はCDシングル買ったのは、発売3年後なんです(笑)。(しまふっちゅ)

●桜の木になろう(AKB48)

アイドル曲と思えないほど、めっちゃいい曲。歌詞を聴いていると、思い出の引き出しをちょっとずつ開けていく感じがして。久しぶりにCDを買った曲です。(桜の木になりたい)

●Spring has come(Flower)

癒やされるし、春はより聴きたくなる。(太陽をまく)

●桜色舞うころ(中島美嘉)

初めて聴いたのは、もう10年ぐらい前でしょうか。いろいろな方がカバーされてますが、それだけいい曲であることの証拠。中島美嘉さんのバラード曲の中でも、この曲はピカイチだと思います。(ジャスミン)

●SAKURAドロップス(宇多田ヒカル)

ドラマ「First Love」の主題歌でした。あまり人気のない作品だったけど、なぜかハマっちゃって(笑)。そのとき、宇多田さんのこの曲が耳に張り付いて、ずっと口ずさんでいたことを覚えてます。(ろくろう)

ランキングの発表です
  • ランキングの発表です
一番好きな桜ソングランキング
  • 一番好きな桜ソングランキング

男性ボーカルが上位を独占!!

編集M「春になると、さまざまなメディアで”桜ソング”が取り上げられていますよね。そもそも”桜ソング”が特集されるようになったのって、いつごろくらいなんでしょうね?」

編集R「昔からJ-POPに”桜ソング”は多かったけど、やっぱり2000年にリリースされた福山雅治さんの『桜坂』がきっかけじゃないかな?発売当時、曲のモチーフとなった東京都大田区の桜坂に多くの人が訪れ、観光スポット化!もはや社会現象と言ってもいいぐらいだったもの。その後、森山直太朗さんの『さくら(独唱)』(2003年)やコブクロの『桜』(2005年)などがヒットして、”桜ソング”と呼ばれる曲が特集されるようになったんじゃないかな」

編集M「数多くの桜ソングの中でコブクロの『桜』が1位でしたね」

編集R「ちょっと切ない感じの歌詞と2人のハモりが、胸に響くよね。コメントにも”最初聴いたとき鳥肌が立った”って投稿があったけど、その気持ちがすごく分かる!いまや卒業式で歌う定番ソングにもなっているみたい。実はこの『桜』は、インディーズ時代から歌われていて、ファンにとってはリリース前からよく知られていた曲らしいね」

編集M「2位はスピッツの『チェリー』(1996年)でした」

編集R「1991年にメジャーデビューしたスピッツは週刊ジョージア世代でも好きな人は多いんじゃないかな。前向きな歌詞とポップなメロディーは、とても耳になじみやすいし。この曲自体は、リリースから20年たっているけど、今でもスピッツといったら『チェリー』という人が多いから、当時から現在までずっと好まれている曲なんだろうね!」

編集M「そして3位が森山直太朗さんの『さくら(独唱)』でした」

編集R「シンプルなピアノの伴奏と独特な歌声で、一度聴いたら忘れないような感じがしない?でも、発売された当初は全然セールスを期待されてなかったようで、初回プレスはたったの1200枚だったらしいよ!!徐々に人気が出てきて、発売から9週目にオリコンチャートで首位を獲得したロングセラーな曲なんだってね!」

編集M「10位になりますが、J-POP以外にも唯一、演歌の曲がランクインしましたね」

編集R「坂本冬美さんの『夜桜お七』ね。タイトルにある”お七”は江戸時代、ホレた男に会うため放火をした”八百屋お七”のことで、彼女を現代の女性に見立てて歌った曲みたい。週刊ジョージア読者には、演歌が好きな人も一定数いるんだね!」

【週刊ジョージア】

文/今井敏行 イラスト/花小金井正幸

あなたの声がオレたちのランキングを作る!次回の投稿テーマは「次週が待ち遠しかったバラエティー番組」。投稿はこちらから!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報