群馬のブランド豚と魚沼コシヒカリが黄金コンビを結成

「上州豚×豚ハンバーグ御膳」(1380円)は、上州麦豚のハンバーグと南魚沼産コシヒカリが絶妙にマッチ
  • 「上州豚×豚ハンバーグ御膳」(1380円)は、上州麦豚のハンバーグと南魚沼産コシヒカリが絶妙にマッチ

埼玉近隣の長野、新潟、群馬といった“三州”の味が揃う、関越自動車道・上里サービスエリア(SA)上り線内のレストラン「GRILL 膳-ZEN-」。ステーキやハンバーグ、オムライスなど、定番の洋食をお膳で味わうという和モダンスタイルが特徴のレストランだ。

ここでぜひとも食べたいのが、「上州豚×豚ハンバーグ御膳」(1380円)だ。群馬のブランド豚である「上州麦豚」のハンバーグをメインに据えたお膳で、麦豚の厳選した部位を使用している。リンゴの甘味と酸味がアクセントとなるデミグラスソースで、ハンバーグの風味がより一層際立つ。

小鉢やデザート、お漬物など、ハンバーグの脇を固めるメンツも秀逸。特にご飯には、新潟県南魚沼産コシヒカリを使用し、ハンバーグとの黄金コンビを結成。ジューシーなハンバーグとふっくらしたご飯のコンビネーションで、箸がどんどん進む。

三州の“うまいもの”が揃ったSAで、春休みドライブを満喫しよう!【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報