BMWのフラグシップセダンが国際的な賞に輝く

「2016ワールド・ラグジュアリー・カー・アワード」に輝いた「BMW 7シリーズ」(1217万~1701万円)
  • 「2016ワールド・ラグジュアリー・カー・アワード」に輝いた「BMW 7シリーズ」(1217万~1701万円)

3月23日から4月3日(日)まで開催のニューヨーク国際オートショーにおいて、BMWのフラグシップセダン「BMW 7シリーズ」(1217万~1701万円)が、「2016ワールド・ラグジュアリー・カー・アワード」を受賞した。

BMW 7シリーズは、1977年の登場以来、約40年間に渡って同社の最先端デザインと技術を注いできた、BMWを象徴するモデル。その6世代目は2015年秋に発売され、BMWがテーマとする「コンテンポラリー(現代の)ラグジュアリー」にのっとった革新的な機能を数多く搭載されている。

賞の審査員によると、最新のBMW 7は「セグメントのライバルたちがセールスポイントとして訴えられないほど高次元にスポーティなドライビング・ダイナミクスを実現している」と、高く評価された。また「25の新しい特徴のうち、13がセグメント初の革新的な機能」だという。

走りと革新性を高く評価された新型BMW 7シリーズ。BMWを象徴するこのクルマは今後も注目だ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報