二宮和也「大したことねえな」と言われて困惑

4月3日(日)から全国で放送されるパズルRPG「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の新テレビCMに、嵐の二宮和也が出演することが明らかになった。

新CMは、二宮が「パズドラの新しい遊び方は、こうです」といきなり自分のスマホをポケットにしまってしまうところからスタート。

そしていつもと変わらない日常を過ごしているうちに、連動する「パズドラ」の中で新しいモンスターや仲間たちと遭遇。毎日の生活の中にこそ「パズドラ」をさらに楽しくする要素がたくさんあるという「パズドラレーダー」の機能と「パズドラ」の新しい遊び方を訴求している。

さまざまな“日常生活”の一コマを撮影していった二宮。監督からは「自分のイメージで演技をしてほしい」との指示が。

そこで二宮は、買い物シーンでは、いくつもの買い物袋をぶら下げて、今にも倒れそうになる演技を披露。

また会議室でプレゼンしているシーンでは、普段のイメージとはちょっと違った“できるビジネスマン”として振る舞った。

さらに学校の図書館で勉強しているシーンでは、「大声で話せない場所なので、ちょっと手を添えた方が、周囲を気にしている感じが出て良さそうですね」と提案。二宮から出される数々のアイデアに、現場は大いに盛り上がったという。

そんな撮影に臨んだ二宮がインタビューに応じた。「仕事でよく地方に行くことがあるので、行った先にしかないダンジョンやアイテムを収集するのは、とても楽しみでワクワクします。

(パズドラのように)自分が好きで始めたものが仕事になるのは、非常に少ないケースで、それは良かったと思うことの一つです。

逆に、困ったというほどのことでもないのですが、『パズドラ』をやっている友達に、見せてよと言われて、その時、ゲーム好きと言っている割には、大したことねえな、というふうに見られることがあります。

僕は楽しんでやっているだけなのに、ゲームをやり込んでいる人みたいな感じで、ハードルを高く設定されてしまうんですよね」と意外な一面をのぞかせた。

パズルRPG「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」
新テレビCM「新しい遊び方」篇
4月3日(日)全国でオンエア

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報