長澤まさみ、キラキラのスマイルで「おいしっ!」

長澤まさみの「カルピス」新CMは4月22日(金)よりオンエア開始
  • 長澤まさみの「カルピス」新CMは4月22日(金)よりオンエア開始

アサヒ飲料株式会社は、長澤まさみを起用した乳酸菌飲料「カルピス」の新テレビCM「つくるって、いいね!ソーダ割り」編(15秒)を4月22日(金)より、全国で放送する。

「つくるって、いいね!ソーダ割り」編では、昨年に引き続き、長澤が元気なママ役として登場。家族みんなで“「カルピス」のコロコロフルーツソーダ割り”を作って楽しむ様子を、パパがビデオカメラで撮影する、という設定で描く。

同CMは、最近のママたちが感じている「ひと手間かける楽しさ」や「そこから生まれるちょっとすてきな日常」に着目して制作。今回のCMで、カルピスが日常を楽しむための手軽なツールであること、水で割って飲むだけではないカルピスの新たな魅力を伝えていく。

新テレビCM「つくるって、いいね!ソーダ割り」編のストーリーは、キラキラと初夏の光がまぶしい家で、ママがマンゴーをくり抜いているところをパパがビデオカメラで撮影。「ママ、何つくるの?」「ヒミツ!」と、カメラがきょうだいに向けられると、2人はママがくり抜いたコロコロのまん丸フルーツを、楽しそうにグラスに入れていた。

「コロコロ~!」兄が、フルーツの入ったグラスにカルピス、そしてソーダを注ぐと、シュワシュワしておいしそうな“カルピスのコロコロフルーツソーダ割り”になり、ミントを乗せて完成。家族みんなで乾杯し、味わったママが思わず「おいしっ!」と笑顔でつぶやくというもの。

子どもたちと一緒にフルーツをくり抜く楽しさ、コロコロしたフルーツの食感、甘酸っぱいカルピスとシュワシュワとした炭酸の刺激…。作る楽しさと味わうおいしさ、さまざまな魅力の詰まったメニューを一人でも多くの人へ、そんな思いが込められたこのCMにシュワシュワっと注目しよう。

アサヒ飲料「カルピス」
新CM「“つくるって、いいね!ソーダ割り”」編
4月22日(金)から全国で放映

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報