国内メーカーの旗艦車を乗り比べるユニーク企画開催

ホンダやトヨタのフラッグシップカーで箱根・伊豆を駆け抜けよう
  • ホンダやトヨタのフラッグシップカーで箱根・伊豆を駆け抜けよう

会員制レンタカー事業等を行うThe fun2drive Owners' Club株式会社が、ユニークなツーリング企画「懐かしのGT500メーカー別乗り比べツーリング」を実施中だ。

この企画は、国内最高峰の四輪レースである、SUPER GTのGT500クラスで活躍した、ホンダの「NSX」、トヨタの「スープラ」、日産の「スカイライン GT-R」を乗り比べられるというもの。どれもが、メーカーを代表するフラッグシップカーであり、今なお根強い人気がある。

企画の舞台となるのは箱根と伊豆。箱根仙石原、芦ノ湖スカイライン、伊豆スカイラインを結んだ往復150kmだ。この150kmを6区間に分け、3組がペアとなり、クルマを交換しながらドライブを楽しめる。なお料金は、ドライバーが2人の場合は2万4980円、1人の場合は2万2980円(通行料金、ガソリン代は別途必要)。運転資格は、マニュアル車の免許証を持っていればいい。

企画は9月までの期間限定で、事前予約が必要となっている。ドライブにもってこいのワインディングロードで、日本有数の日本のレースファンを熱狂させた名車の走りを体験してみよう!【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報