ジョニー・デップ「リンダの脚本は実に素晴らしいよ」

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の最新ビジュアルが到着!
  • 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の最新ビジュアルが到着!

ティム・バートン製作×ジョニー・デップ主演で、空前のブームを巻き起こしたシリーズの最新作「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が7月1日(金)に日本公開。本作より、早くも華やかな衣装を身にまとったアリスとマッドハッターの場面写真が解禁された。

今から6年前、想像を超えた映像美で「不思議の国のアリス」の“その後”を映画化し、日本をはじめ世界的ブームを巻き起こした「アリス・イン・ワンダーランド」。

映画の大ヒットのみならず、今日のポップカルチャーにおいて不動の地位を確立したこの物語とキャラクターたちは、映画界を超えてファッションや音楽、文学といったさまざまな分野にただならぬ影響を与え続けており、いまだに熱狂的なファンも世界に多く抱えている。

そんな待望のシリーズ最新作「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」がいよいよ登場。今回脚本を担当するのは「アリス・イン・ワンダーランド」から続投となり、「美女と野獣」「ライオン・キング」など名作を生み続けてきたリンダ・ウールヴァートン。

ルイス・キャロルが生んだ魅力あふれるキャラクターたちの次なる冒険を、ありったけの想像力とハートを注ぎ込んでつづった素晴らしい脚本を仕上げた。

プロデューサーのスザンヌ・トッドは「『アリス・イン・ワンダーランド』から本作までの間にキャラクターたちに何が起こったのか、彼らの過去にはどんな秘密が隠されているのかを、原作本のプリズムを通して全く新しいストーリーに仕立てたリンダの脚本は本当に素晴らしく、みんな一読で気に入りました」と絶賛。

また、原作者ルイス・キャロルの長年のファンであるジョニー・デップも原作に敬意を表した脚本を高く評価しており「ルイス・キャロルの作品を脚色するのは、不可能にも近い作業だと思うんだ。原作に忠実でありながらも、それを新たな角度から見つめ直したリンダの脚本は、実に素晴らしいよ」と、太鼓判を押した。

ティム・バートン×ジョニー・デップというヒットメーカーに加え、質の高い脚本と誰も体験したことのない美しいな映像世界、そして映画をより華やかに彩る実力派俳優陣。「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が時を超えて再び世界を席巻する。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
7月1日(金)日本公開

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報