油で揚げない調理器、カロリーカットはどれくらい?

油を使わない調理器であれば、とんかつ1人前に対し約74キロカロリー軽減できるという
  • 油を使わない調理器であれば、とんかつ1人前に対し約74キロカロリー軽減できるという

油を使わず調理ができるノンフライヤー。調理や後片付けに優しいだけでなく、カロリーも減らせるため健康によいと昨今評判の調理器だ。そこで気になるのが、カロリーのカット率。実際にどれくらいのカロリーがカットできるのだろうか?

「ショップジャパン」を運営する株式会社オークローンマーケティングは、「エアウェーブフライヤー」を使用した際にカットできるカロリーを算出し発表した。「エアウェーブフライヤー」は、本体の内部で最高200度の高温の熱風が循環し、油を使わなくても食材自身が持つ油分でジューシーなフライが素早く簡単に作れるフライヤー。定番料理の中でも、唐揚げやフライと比べて吸油率が高い「とんかつ」を調理した場合、油を使って調理した場合と比べ、一人分で約74キロカロリー軽減できるという。※1 もし、とんかつを週に一回食べた場合、年間一人当たり3,848キロカロリーをカットすることができる計算だ。※2 

カロリー制限で揚げ物は食べられないと諦めていた人でも、メニューの選択肢が広がり、手軽においしく揚げものを食べられるようになる。生活習慣病の予防の観点からも検討してもよいだろう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

出典:ショップジャパン
※1:日本食品標準成分表2015(文部科学省)をもとに計算
※2:日本人1人1日当たりの脂質摂取量平均55gより脂質1g=9キロカロリーとして算出/厚生労働省「国民健康・栄養調査(平成25年版)に基づく/油は調理油のほか食材が持つ資質も含む/豚バラ肉100g中脂質は34.6g。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報