二階堂ふみ、「赤おさめ」宣言を笑顔で撤回!

二階堂ふみが赤のドレスで登壇
  • 二階堂ふみが赤のドレスで登壇

室生犀星の小説を、二階堂ふみ主演で映画化した『蜜のあわれ』の舞台挨拶が、4月2に新宿バルト9で開催。二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏、韓英恵、渋川清彦、石井岳龍監督が登壇した。二階堂は「17歳で原作を読んで、ずっと映画にしたいと思い続けてきたものが作品になることはうれしいなと思います」とあふれる思いを語った。

プロモーションでずっと赤の衣装を着ていた二階堂は、「今日で赤おさめです」と挨拶をしたが、石井監督から「今日で終わりじゃなくて1年くらい赤を着続けてほしい。今日が始まりなので」と懇願される。二階堂は「1人でも多くの方に来てもらいたいので、赤をもう少し着続けようかと思っております」と笑顔で応えた。

大杉は「俳優として申し上げるなら、作品というのは出会いなんだなと。大きなバジェットの作品じゃないけど、みなさんの志がたくさん詰まった映画になったと思います」と充実感あふれる表情を見せた。

石井監督は「ベストスタッフ、ベストキャストでやれた映画」と語り「奇跡的にいろんなタイミングが合った映画です。俳優さんたちに教えられることもすごく多かった」と手応えを口にした。

『蜜のあわれ』は、室生犀星が晩年に発表した同名小説の映画化作品。室生犀星自身を想起させる老作家と、彼が愛でる少女の姿に変貌する金魚との無邪気でエロティックなふれ合いを艶やかに描き出す。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報