映画

ラドクリフ自信!「キスシーンはとてもうまくいった」

MovieWalker 2009年7月13日 11時30分 配信

すべての写真を見る(5件)
いよいよ7月15日(水)、全世界待望の大人気ファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ第6章『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が、日米同時公開される。最終章である7章へ向かい、クライマックスに突入していく本作の見どころを、主人公ハリーに扮するダニエル・ラドクリフがたっぷり語ってくれた。

まずは、ズバリ、本作の一番の見せ場を聞くと、「僕自身は、ダンブルドア先生とスラグホーン先生(新キャラクター)とのシーンが、やっていて最高だったよ。最終的にどのようにそのシーンが出てくるのかは、まだ僕もわからないけど、とてもやりがいがあったんだ」と、興奮気味に語ってくれた。

本作では、ついに人間界をも攻撃し始めたボルデモートに立ち向かうべく、ダンブルドア校長とハリーが“過去”に向かい、ボルデモートの弱点を探るのだが、そこでボルデモートの不幸な生い立ちが明らかになるのだ。また、ボルデモートの脅威によって不穏な空気が立ち込めるホグワーツでは、それと相反してロマンスがあちこちで開花。ハリーも本作で、2度目のキスを披露する。

「キスシーンはとてもうまくいったよ。お互いプロだから、学生みたいにクスクス笑ったりせず、全く問題なかったよ」とのこと。ダニエルお墨付きのキスシーンとそのお相手は、映画を観てからのお楽しみで!

今回、前作に引き続きデビッド・イェーツが監督を務めているが、これはダニエル始めキャスト・スタッフが望んでいたことだと言う。

「彼と仕事をするのは大好きだよ。僕が彼とどれほど一緒に仕事をしたがっていたかは、皆知っていると思う。だから、今回も彼が戻ってきてくれてとても嬉しかったし、前作で築いた関係をさらに強化することができて最高なんだ!」

最終章となる7章もデビッド・イェーツ監督に決まり、最終章に向けてスタッフ・キャストがますます一丸となっていることだろう。

2001年に公開された第1章『ハリー・ポッターと賢者の石』から、2011年の夏公開となる最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝 後編』までの約10年間、文字通りハリー・ポッターと共に成長してきたダニエル。次作でやり終える胸中を聞いてみると、

「全てが終わったら、もちろんとても寂しく思うだろうね。このシリーズは僕のティーンエイジャーとしての青春時代そのものだったからね。その間に楽しいこともそうでないことも含め、様々な出来事が起こったし、シリーズが終わったからといってそれらが変わるわけではないけど、全てが終わったらきっと、初めて大人になったような気分に浸れるのかもしれないね」と、語ってくれた。

最終章へ向けてダニエル始め、キャスト・スタッフ、そしてファンの熱い想いが詰まった本作は、アクション、ロマンス、そして最後に待ち受ける悲劇……と、見どころ満載。ダニエルご自慢のキスシーンも含めて、ぜひ劇場でチェックしてみて!【MovieWalker/石崎美智】

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
7月15日(水)丸の内ピカデリーほか日米同時公開

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009年7月15日(水) 公開

世界的ベストセラーを映画化したファンタジー・シリーズの第6弾。クライマックスを間近に控え、ヴォルデモートとの対決に挑むハリーと仲間たちのドラマが展開す...

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009年7月15日(水) 公開

世界的ベストセラーを映画化したファンタジー・シリーズの第6弾。クライマックスを間近に控え、ヴォルデモートとの対決に挑むハリーと仲間たちのドラマが展開す...

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009年7月15日(水) 公開

世界的ベストセラーを映画化したファンタジー・シリーズの第6弾。クライマックスを間近に控え、ヴォルデモートとの対決に挑むハリーと仲間たちのドラマが展開す...

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009年7月15日(水) 公開

世界的ベストセラーを映画化したファンタジー・シリーズの第6弾。クライマックスを間近に控え、ヴォルデモートとの対決に挑むハリーと仲間たちのドラマが展開す...

おすすめ情報