松田龍平らが素朴すぎる地元エキストラ爆笑裏話を暴露

『モヒカン故郷に帰る』の松田龍平・柄本 明・前田敦子・もたいまさこ・千葉雄大を直撃
  • 『モヒカン故郷に帰る』の松田龍平・柄本 明・前田敦子・もたいまさこ・千葉雄大を直撃

松田龍平主演の可笑しくて愛すべき家族が織りなすホームドラマ『モヒカン故郷に帰る』(4月9日公開)で、家族を演じた松田龍平、柄本明、もたいまさこ、千葉雄大と、そこに嫁ぐ長男の恋人役を演じた前田敦子。日本映画界を彩る5人のキャストにインタビューし、エキストラを演じた島民たちとの爆笑エピソードをクロストークしてもらった。

モヒカン頭の売れないバンドマン永吉(松田龍平)が、妊娠した恋人・由佳(前田敦子)を連れて、故郷・戸鼻島(とびじま)へ7年ぶりに帰る。永吉たちは、頑固おやじの治(柄本 明)と母・春子(もたいまさこ)、帰省中の弟・浩二(千葉雄大)と暮らし始めるが、ある日、治のガンが発覚する。

メガホンをとったのは、『南極料理人』(09)や、『横道世之介』(13)など、オフビートなコメディに定評がある沖田修一監督だ。映画の舞台は、架空の島だが、広島の瀬戸内海の四島でオールロケを行い、赤ちゃんから最年長100歳まで、島民がエキストラとして参加した。

デスメタルバンドのボーカルを務める永吉だが、戸鼻島に来てからは、父親の代わりに、中学吹奏楽部の指揮を務めるシーンがある。松田は生徒たちから怖がられていたそうだ。

松田「実は、僕自身はそう思っていなかったんですけど、確かに普通に考えると怖いだろうなと(苦笑)。吹奏楽の子たちは、役者さんの2人以外は全員、島の子でした。彼女たちは何も知らされていなくて、僕が演奏をめちゃくちゃにしていき、それを受けた彼女たちの表情を狙うというもので。何が出るのかわからない緊張感や面白さがあり、これが沖田組だなと思いました」。

宴会のシーンでも、多くの島民と共演したという。

松田「みなさん自然体で、すごく雰囲気が良いんです。沖田さんは、そういう方たちのリアリティを撮りたい方ですし、僕自身もけっこう影響を受けました。最後にみんなで歌を歌って終わるんですが、そういうことをみんなで楽しめたし、その雰囲気を上手く落とし込んでいったような気がします」。

柄本「監督は、そういうのが好きなんですよ。俺は病院に来る親戚のおばちゃんが、一生懸命お芝居をしている姿が可笑しくて。芝居をすればするほど、不自然になっていく(笑)。頑張ってくれていたのですが、あれは面白かったです」。

もたい「宴会のシーンの方々は、演出部がオーディションをやったり、島へスカウトに行ったりして、参加してもらったそうです。私は、撮影待ちの時、『どこの島の方ですか?』と聞かれたので、『東京です』と答えました(笑)。それくらいフレンドリーな空気ができていて、とても楽しかったです」。

千葉「僕も宴会のシーンで、おばさま方に囲まれて、楽しかったです」。

柄本「おばさま方?」。

千葉「あ、いえ、お姉さま方です(笑)。『あなたが次男?かわいいね』と、触ったり、ちやほやしていただいたりして、うれしかったです。いろんな種類のみかんを出してくださって、最後には裏に畑があるからいっしょに採りに行きましょう!とまで言われました」。

前田「私は、地元の産婦人科の先生とのやりとりが楽しかったです。本当にかわいくてキャラクターが強いおばあちゃんでした。すごく頑張って台詞を覚えてきてくれたのですが、本番になるとわからなくなっちゃうんです。でも、アドリブでたくさんしゃべってくださいました。また、撮影の時には、『あなたが妊娠した時に、これを使いなさい』と、お揃いのチョッキまで編んできてくださいました。いつか使おうと思っています」。

最後に松田は、本作の見どころをこうアピールした。

松田「何でもない家庭のエピソードに、こんなにも面白いものが転がっているんだなあと感じました。笑える要素がたくさんって、心温まる作品になったので、楽しんで観てもらえると思います」。

まるで本当の家族のように、5人の結束感が感じられたインタビューだった。その雰囲気は、まさに『モヒカン故郷に帰る』と通じるものがあるとも思った。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報