ドラマ「火花」が全世界に配信!気になる配信日は?

「火花」のメーンビジュアルが解禁。林遣都演じる徳永と波岡一喜演じる神谷の、芸人ふたりが向かい合うその姿は、友情なのか、師弟 関係なのか、はたまたライバルなのか・・・?
  • 「火花」のメーンビジュアルが解禁。林遣都演じる徳永と波岡一喜演じる神谷の、芸人ふたりが向かい合うその姿は、友情なのか、師弟 関係なのか、はたまたライバルなのか・・・?

又吉直樹の芥川賞受賞作を原作にしたNetflixオリジナルドラマ「火花」が全世界190カ国同時配信! 6月3日(金)より全10話が一挙に同時ストリーミングされることが決定した。

合わせて、主題歌にOKAMOTO'Sが書き下ろしを提供していることも分かった。

原作小説「火花」は、ピース・又吉の処女小説であり、単行本(文藝春秋刊)は累計251万部超えの空前の大ヒットを記録した。

その映像化は注目の的となっていたが、Netflixにて全10話のオリジナルドラマとして制作され、約8時間にも及ぶ壮大な映像体験が展開される。

主人公・徳永を林遣都、徳永の憧れる先輩・神谷役を波岡一喜が演じる本ドラマ。廣木隆一、白石和彌、沖田修一、久万真路、毛利安孝という5人の監督陣のそれぞれによって、徳永と山下(井下好井の好井まさお)によるコンビ「スパークス」と、神谷と大林(とろサーモンの村田秀亮)によるコンビ「あほんだら」の2組が描かれる。

また、主題歌はOKAMOTO'S が本作のために書下ろした「BROTHER」で、CD リリースも予定している。

【あらすじ】

売れない芸人の徳永(林遣都)は、熱海の花火大会で、先輩芸人である神谷(波岡一喜)と電撃的に出会い強く引かれ、「弟子にして下さい」と申し出た。神谷は天才肌であり、また人間味に富んだ人物。「いいよ」という答えの条件は「俺の伝記を書く」こと。

神谷も徳永に心を開き、2人は頻繁に会って、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。東京・吉祥寺の街を歩きまわり、さまざまな人間と触れ合うが、やがて2人の歩む道は決定的に異なっていく。徳永は少しずつ売れていく一方で、神谷は少しずつ損なわれていくのだった。

そしてある日、神谷は徳永をはじめ関わるすべての人々の前から借金を抱えたまま姿を消してしまう。神谷のいない日々を淡々と過ごす徳永。そして1年後、2人は再会するのだったが…。

「火花」
6月3日(金)
Netflixにて全10話一挙配信
【HP】hibana-netflix.jp/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報