越谷に商業施設「イオン レイクタウン」10/2オープン

この秋、越谷に新たな街が誕生
  • この秋、越谷に新たな街が誕生

10/2(木)、商業施設として国内最多の店舗数を誇る「イオン レイクタウン」が埼玉県越谷市に誕生する。店舗数は565、商業施設面積は約22万平方メートルという超巨大ショッピングセンター(以下SC)だ。

特筆すべきは、SCだけではなく「越谷レイクタウン」という一つの“街”が新しく誕生すること。約2万2400人(約7000戸)が住み、遊歩道や公園など、水辺空間と都市生活空間が融合。その中核を担う商業施設が「イオン レイクタウン」なのだ。

同施設は2つのSCからなる。一つは「KAZE」。“オトナ”をテーマに、高感度でトレンド感のある全214の専門店に加え、シネコンも併設された巨大モール。もう一つは「MORI」で、“ゆとり暮らし”をテーマに、家族それぞれのこだわりや新しいライフスタイルを提案。大型スーパーや大型ビューティーゾーン、オートモールなど全351店舗がそろう。

エコへの取り組みも特色の一つ。ソーラーパネルによる太陽光発電や省エネルギー器具、再生材の利用などで、同規模のSCに比べ20%のCO2を削減できるという。

埼玉県南東部の幹線道路・東埼玉道路に接しているほか、JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」に近く電車でのアクセスも抜群。日本一の巨大SCが、この秋の注目を集めることは間違いない。【WalkerPlus/安藤真梨】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報