レイチェル・マクアダムス、こんまりに大興奮「本、読んだわ!」

レイチェル・マクアダムスが、片づけコンサルタントの近藤麻理恵と対面
  • レイチェル・マクアダムスが、片づけコンサルタントの近藤麻理恵と対面

第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(公開中)で初来日したレイチェル・マクアダムスが、4月16日に日劇1で開催された舞台挨拶に登壇。片づけコンサルタント近藤麻理恵が、レイチェル初来日のお祝いゲストとして駆けつけた。レイチェルは「コンニチハ!ジャパン」と笑顔で挨拶をした後「地震のこと、心を痛めていますし、被害に遭われた方のことを思っております」と沈痛な表情を見せた。

レイチェルは、アカデミー賞授賞式の日を振り返り「いままで生きてきたなかで最高の日の一つとなったわ」とコメント。「作品賞は、もちろん受賞するんじゃないかと思っていたけど、決まった瞬間は、ショックの方が大きかった(笑)。作品規模も大きくないインディーズ映画だし、派手さもない映画を、ここまで支持してくださった方々に心から感謝したいと思ったわ」。

続いて、花束を手に近藤が登場すると、大興奮して迎えたレイチェル。「来てくださってありがとう!本も読んだわよ」と大喜び。

近藤の著書「人生がときめく片づけの魔法」は、累計200万部を売り上げ、世界30か国以上でも翻訳された。アメリカでは米Amazon総合1位を獲得し、2015年にアメリカの雑誌TIMEによる「世界で最も影響力のある100人」に、作家の村上春樹と共に選出された。

近藤も「私も映画を拝見させていただいたし、本も読んでいただいたということで、今日お会いできて本当にうれしいです」と感激する。

また、片づけを実践しているか?と尋ねられたレイチェルは「シャツは学んだとおりにたたんでいるし、ソックスもいま頑張っているわ。また、ちょうど引っ越しをするタイミングで本を読めたので、良かったわ」とうなずくと、近藤も「すごくうれしいです」と笑顔を見せた。

『スポットライト 世紀のスクープ』は、世界中に衝撃を与えた、カトリック教会の神父による児童への性的虐待という衝撃的な題材を扱った社会派ドラマ。レイチェルは、この世紀の大事件をスクープしたアメリカの新聞ボストン・グローブ紙の記者サーシャ・ファイファー役を演じ、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報