朝ドラに続きクドカン作、吉岡里帆「追い風感じてます」

“ゆとり世代”育ちの教育実習生・佐倉悦子を演じる吉岡里帆
  • “ゆとり世代”育ちの教育実習生・佐倉悦子を演じる吉岡里帆

岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が出演し、宮藤官九郎が脚本を務めるドラマ「ゆとりですがなにか」(毎週日曜夜10:30-11:25日本テレビ系)。本作には、先日放送終了した連続テレビ小説「あさが来た」(NHK総合ほか)の“のぶちゃん”こと、田村宜役で話題を呼んだ吉岡里帆が出演している。

吉岡は、松坂演じる小学校教師・山路一豊に指導を受ける教育実習生・佐倉悦子役で登場。山路のちょっとした指導で泣き出したり、突然山路へ恋心を告白したりと、マイペースに周囲を振り回す“ゆとり色”の強い人物だ。

Smartザテレビジョンでは、そんな吉岡にインタビューを敢行。今作出演への思い、そして現在“ブレーク前夜”と言える状況にある本人に、その心境を聞いた。

――今作のドラマの前に、吉岡さん自身のことについてお聞きしたいのですが、そもそも女優になろうと思った理由は何だったのでしょう?

理由はたくさんあって、カメラマンをしている父がよく写真を撮ってくれた事もそうですし、映画を撮っている同い年の子たちと友達になったことも大きかったですね。

あと、出身が京都の太秦なので、街自体映画や演劇が盛んで、そうした文化に触れやすい環境にありました。定員割れしてしまった南座の歌舞伎のチケットを無料で頂く機会などもあり、若い私でも歌舞伎を見ることができたり。いろんなことが交錯して、自然と東京に来たという感じがします。

――お父さまの影響も大きかったのでしょうか?

父の影響はすごくありましたね。アーティスティックな写真集とか名画と呼ばれる映画だとか、あとは舞台などをたくさん見せてくれました。小さい時から、プレゼントに小説とか映画をよく与えてくれるような父だったんです。

――演技が楽しいと感じた、一番最初の体験を覚えていますか?

18歳の時に、同志社大学に通っている子たちに誘ってもらって、小劇場で主人公を演じたんです。それが唐十郎さんの「吸血姫」という演目で、すごく難しい物語と役柄だったのですが、そこで内面が割れるじゃないですけど、通常の状態が崩壊するような不思議な感覚に陥って、そこから演技にのめり込みました。

――初演技が主演だったんですか?

そうですね。ただ、学生演劇なので厳しい審査などもなく、役に合うからって演出していた子が何となく呼んでくれたような感じです。でも、それは運命ですね(笑)。転機だと思います。

――吉岡さんは現在23歳ですので、それがわずか約5年前のことになるわけですが、現在では朝ドラで全国的に注目を集める存在となりました。至るところで“ネクストブレーク女優”といった取り上げ方をされていますが、今、ご自身で追い風は感じていますか?

すごく感じます、今までは吹いたことがなかったので(笑)。初めて吹く風はやっぱり気付くもので、「今すごく頑張らなきゃな」って思っています。

たぶん、何だか分からないうちに、いろんなことがうまくいく時期ってきっとあると思うんです。一生に何回来るか分からないそういう時期を今感じていて、周りをよく見るように意識していますね。たくさんの人を見て、感じて、あまり浮足立たずに、今自分が何を求められているのかを見極めなきゃって、いつも思っています。

――そして今回は指折りの人気脚本家・宮藤官九郎さんの作品にレギュラー出演されていますね。

宮藤さんとは「あまちゃん」('13年、NHK総合ほか)のオーディションでお会いしたことがあるんです。その時は出られなかったのですが、絶対いつか宮藤さんの作品に出たいと思っていたので、やっと念願かない、です。マネジャーさんから電話が来て出演できると知ったのですが、駅で「やったー!」って喜びました。

――宮藤さんの脚本はいかがですか?

台本を読むだけでキャラクター像がしっかり分かる点と、“ゆとり世代”という現代の問題に切り込みながら、面白おかしく作られている点はやっぱり、宮藤さんワールドがさく裂しているなと思います。細かい工夫が多く、何て言うんでしょう、かゆいところに手が届くというか、飽きが来ないすごく面白い作品になってます。

――役を知った時はどう思いましたか?

私は佐倉悦子という役に対して、どちらかというと“量産型の女子大学生”っていうイメージがあって、みんなと同じ格好をして、同じ物を持って、同じような発言をしてという女子大生像が思い浮かんで、演じるのは難しそうって思いました。やっぱり周りに変な人たちが多いので(笑)、その中で、どうしたら悦子らしさが出るのかなって模索はしていました。

――吉岡さんは悦子をどんな人物だと思っていますか?

見ていてちょっとイライラするキャラクターなので、同世代の子たちというより、「こういう後輩私の職場にもいるんだよねー」みたいな、ゆとり世代に接している大人たちが見た時に共感してもらえるキャラかなと思います。

――ご自身が“ゆとり世代”と、ばかにされた経験はありますか?

あまり「ゆとりっぽくない」って言われるんですけど、凹みやすいとかですかね。人前で泣いたり機嫌悪くなったりはしないですけど(笑)、自分ができない人間だと思うとどこまでも落ち込むという。褒められて伸ばされていった世代なんで、褒められないと安心しないようなところがあるんです。それをゆとり世代っていうのかなってことは自分でも思いました。

――ちなみに気分が落ちた時の回復法は何かありますか?

寝たら治ります(笑)。寝たら解決するタイプで、翌日には「ま、いっか!」って。

――撮影現場を拝見させていただいたのですが、皆さんとても和気あいあいとされていますね。

みんな仲良くて一緒にふざけ合ったりしてます。今日も“ジュースじゃんけん”して負けました。あとは岡田さんが持ってきたカードゲームをしたり、岡田さんが持ってきたパズルゲームをしたり…(笑)、みんなでわちゃわちゃふざけ合っています。

――最後に5月8日(日)放送の第4話の見どころを教えてください。

私(佐倉悦子)にはすごく軽いノリで付き合っている彼氏がいるんですけど(笑)、その彼が衝撃的な性格をしていまして、その子とのあまりに幼稚な掛け合いは見どころだと思います。すごい執念深い彼氏で、人の携帯を盗み見て、メールの予測変換機能を使って過去に作った文章を復元させるという…。

そんな彼と、必死でチープなやりとりをします。「勘弁してよ~」っていう低次元なやりとりを、健全な小学校でやるのでとても楽しみですね(笑)。あと山路先生(松坂)が、小学生たちにあるワードでばかにされてしまう場面も面白いですよ(笑)。

「ゆとりですがなにか」
毎週日曜夜10:30-11:25
日本テレビ系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報