映画

柳楽優弥、菅田将暉や小松菜奈らと「世代交代です!」

MovieWalker 2016年4月21日 20時02分 配信

すべての写真を見る(11件)
柳楽優弥主演の衝撃作『ディストラクション・ベイビーズ』(5月21日公開)の完成披露試写会が、4月21日にテアトル新宿で開催。柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、真利子哲也監督が舞台挨拶に登壇した。主演の柳楽は「代表作の1つにしたいと思って演じました」と語り、「世代交代です!」と力強く宣言し、5人で肩を組み合った。

柳楽は参加してなかったら嫉妬していたというくらい思い入れが強い作品だったと言い「チームワーク、ハンパないです」と強調する。

菅田は「柳楽くんは本当に怖かったです。普段はフレンドリーでふわふわしてる方なんですが、現場ではお芝居とわかっていても怖い人だなと。めっちゃ怖い。また、イメージ以上に大きい人なんだなと」と柳楽を称える。柳楽は「めっちゃうれしいです」と喜んだ。

小松は、人生で初めて髪の毛を染めて悪女役に挑んだ。菅田に殴られるシーンでは「ふりが難しいから、やるんだったら、ビンタされたり殴られたいと思っていて、菅田さんに『当ててください』と言ったら、『もちろん当てるつもりだった』と言われました」と笑顔でコメント。

菅田は「ノリですよね」と言いながら「相当痛かったと思うんです。でも、僕がやられるシーンも、人生でいちばん痛かった。骨がきしむんだもん」と小松に訴え、笑いを取った。村上も映画を観て「鳥肌が立ちました」と興奮しながら語った。

拳に想いを込めるということで、全員で拳を握って、手形を押した。柳楽は「暴力描写がすごく多いんですが、これが劇場で公開されることに深いメッセージがあるような気がして、それを信じて携われたことに感謝しています」と思いの丈を述べると、真利子監督も「初めて商業映画をやるんですが、こういう映画があるべきだってことで、一致団結して作ったという自信があります。自分たちの想いと熱量が伝われば良いなと思っています」と力強く締めくくった。

『ディストラクション・ベイビーズ』は、愛媛県松山市を舞台に、若者の狂気と欲望を描く青春群像劇。東京芸術大学大学院修了作品『イエローキッド』(10)や、スイス・ロカルノ国際映画祭、オランダ・ロッテルダム国際映画祭で特別上映された、ももいろクローバー出演の短編『NINIFUNI』(11)などで注目された真利子哲也監督の商業映画デビュー作となった。【取材・文/山崎伸子】

ディストラクション・ベイビーズ

2016年5月21日(土) 公開

ももいろクローバーが出演した『NINIFUNI』などで国内外で高い評価を受ける真利子哲也監督が、狂気に駆られる若者たちの姿を描くバイオレンス。柳楽優弥...

おすすめ情報