映画

神木隆之介と古舘寛治「芸能人の中で一番仲良し」

MovieWalker 2016年4月23日 14時39分 配信

4月23日に映画『太陽』の初日舞台挨拶が角川シネマ新宿にて開催され、神木隆之介、門脇麦、古舘寛治、原作者の前川知大、入江悠監督が登壇した。

すべての写真を見る(5件)
2011年に劇団イキウメによって上演された同名舞台に強く惹かれ、実写映画化したのは『SR サイタマノラッパー』シリーズや『ジョーカー・ゲーム』で知られる気鋭の入江悠監督。主演は、若手俳優のなかでも群を抜いた人気と演技力を持つ、神木隆之介と門脇麦。舞台と映画の融合によって紡ぎ出される本作は、社会派であり、SFであり、人間ドラマであり、ラブストーリーでもあり…と、あらゆる要素が組み合わさった、ハイブリッド映画となっている。

一昨年の冬に撮影したという本作の現場は過酷だったとのことで、「すごく寒くてスケジュールもタイトでした」と門脇。とはいえ、撮影時には心温まる出来事もあったようで、神木は古舘を自宅に招いて将棋を指したことを笑顔で話した。

すると古舘は「神木君ちで将棋を指したらしいとTwitterに書かれていて、何言ってんのと思った」と、まるで事実ではないかのように反論。それを聞いた神木が「えっ!? めっちゃ一緒にから揚げ買ったじゃないですか!」と突っ込むと、古舘はしぶしぶ「まあ、芸能人の中で一番仲が良いかな…」とコメント。神木は「言い方…(笑)」と苦笑していた。

本作の見所としては「この作品は長回しの部分がたくさんあって、それが独特の緊張感を生んでいますし、登場人物の感情がリアルタイムで感じられると思います」と神木。入江監督は「俳優にしか出せない知性ってあると思うんですが、長回しの中で、そこが見えると思います」と説明を付け加えた。【取材・文/平井あゆみ】

太陽

2016年4月23日(土) 公開

第19回読売演劇大賞でグランプリを受賞した前川知大による舞台劇を、神木隆之介、門脇麦らの出演で映画化したSFドラマ。バイオテロにより人類の大半が死滅し...

おすすめ情報