キアヌ、コメディで自分の名前の猫の声を担当!

キアヌ・リーブスが、コメディ映画『Keanu』で自分の名前がつけられた猫の声を担当する。キアヌ側は、当初この仕事のオファーを断ったが、このたび正式にオファーを受けたという。

「キアヌ」という名の猫の声を演じたというキアヌ・リーブス
  • 「キアヌ」という名の猫の声を演じたというキアヌ・リーブス

同作は、コメディアンのキーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピール主演のアクション・コメディで、2人の友人コンビが盗まれた愛猫“キアヌ”を救うためにストリート・ギャングたちと戦うというストーリーらしい。

【写真を見る】コメディアンのキーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピール
  • 【写真を見る】コメディアンのキーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピール

『Keanu』のピーター・アテンシオ監督によれば、最初は同作のストーリーラインがあまりにキアヌの主演映画『ジョン・ウィック』(14)に似ていたため、キアヌに猫の声の役を依頼することを躊躇したらしい。『ジョン・ウィック』は愛犬を殺されたキアヌがマフィアたちを相手に壮大な復讐を挑むという話だったからだ。しかし、製作会社からのプレッシャーに負けて一応キアヌに猫の声の役をオファーすると、キアヌ側は「丁寧に断って来た」という。

ところが、今年2月に一発目の予告編が解禁されると、急にキアヌの気が変わったという。

「トレイラーが解禁されると電話がかかってきた。どうやら、キアヌの妹が彼にトレイラーを見せたらしい。『ちょっとこれ見て!すごくいいわよ』ってね。キアヌはひどく興奮して直接連絡してきたんだ。『僕に何かできることがあれば、一緒にやろう』ってね」と同監督はロサンゼルス・タイムズに話している。

『ジョン・ウィック』続編を撮影中のキアヌ
  • 『ジョン・ウィック』続編を撮影中のキアヌ

奇しくもキアヌは『ジョン・ウィック』続編を撮影中で、猫のキアヌの声の録音は、撮影が行われていたローマのスタジオで行われたそうだ。【UK在住/MIKAKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報