広瀬すずが涙!「こんなに怖いと思った作品は初めて」

「ちはやふる -下の句-」初日舞台あいさつに登壇したキャスト&監督
  • 「ちはやふる -下の句-」初日舞台あいさつに登壇したキャスト&監督

末次由紀の大人気漫画を上の句、下の句の2部作で映画化した青春ストーリー「ちはやふる -下の句-」の初日舞台あいさつが、4月29日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、松岡茉優、そして小泉徳宏監督が登壇した。

競技かるた(百人一首)に情熱を懸ける高校生たちの友情や恋愛、成長を描いた本作。主演の広瀬や野村らほぼ同世代の豪華キャストが集まったこともあり、撮影やPRイベントを通してどんどんチームワークは親密になっていったようで、Perfumeの主題歌に合わせて入場するなり、檀上でにこやかにやりとりをしていた。

「ちはやふる」で初めて映画の“座長”を経験した広瀬は「『下の句』の公開を迎えるのは、私の感覚では1、2カ月先の感覚だったんですけど、こんなに早くくるとは思っていなくて、正直まだ全く実感がないです。でも、こんなにたくさんの人に見ていただいて、また始まるんだなってじわじわ実感しつつあります」と、2カ月連続公開に戸惑いつつ、喜びを明かした。

一方、広瀬演じる千早の幼なじみ・太一役の野村は「皆さんこんにちは。本日はお日柄もよく、こういう日に公開というのは本当にありがたいことでございまして、下の句の公開日にこんなにたくさんのお客さまがきていただけて、僕はうれしい限りでございます。ぜひ皆さん楽しんで帰っていってください…ねっ」と、真面目にあいさつすると、同じく幼なじみ役の真剣佑は「何か気持ち悪い! いつもはもっとはっちゃけているのに」と、すかさず暴露。野村は動じず「仕事はしっかりするタイプなんでね」ととぼけ、真剣佑に「意味分かんねえ」とツッコミを入れられるなど、序盤からバッチリのコンビネーションを見せた。

あらためて真剣佑は「(野村)先輩が申し訳ありませんでした。僕は『上の句』の公開の時点で信じられなかったのに、『下の句』の公開ということで、また不思議な感じがするんですけど、皆さんに見てもらってくださったという事実が幸せです」と笑顔であいさつした。

また、最年少の上白石は「皆さんこんにちは。きょうは風が強かったですねえ、大丈夫でしたか? 私はちょっと危なかったですねえ(笑)。飛ばされると思いました。初日あいさつっていつも、うれしい気持ちとみんなと一緒でいられる時間が終わってしまうという寂しい気持ちがあります」と、マイペースにコメントし、会場を和ませた。

松岡は「ゴールデンウイークで、最大10連休という中、初日を『ちはやふる』で迎えてくれてありがとうございます。最強かるたクイーンという役ということは、原作ファンの方も思い入れのある役だと思いましたので、本気で、去年(の撮影で)1番くらい本気で頑張りました。髪の毛もお化粧も制服も、立ち方も、原作の詩暢ちゃんから受けてやったつもりです。私も自信を持っています」と、力を込めた。

あらためて、本作について広瀬は「すごく言葉にして表すのは難しいんですけど、でもこうして初めて台本をいただいて、みんなでこうしたい、ああしたい、って監督にも伝えたりしながらやる作品は初めてで。2部作という特別な時間をいただいて、千早という原作ファンの方の中でも完璧に出来上がっている女の子、すごく魅力的な女の子で、正直こんなに怖いなあと思ったことはなかったです。

でも、変に意識せず、現場に行ける雰囲気というか空間を作ってくださった皆さんと、同じ体温で同じものを吸収して出し合う空間が、自分の中で不思議な感覚で、お芝居をしているんですけど、お芝居じゃない感じでした。こんなにエネルギッシュに感じるのは最初で最後なんだろうなって思います」と、独特の間で力強く振り返った。

しかし、会場もステージもシーンとしていることに不安になった広瀬は「変なこと言った?」とキョロキョロ。野村や松岡から「すごく良かったよ!」と言われホッと胸をなでおろしていた。

その後、サプライズとして原作者の末次由紀からキャスト陣に手紙でメッセージが寄せられる。それを聞いた広瀬は「1番駄目なやつだよ~」と言いながら目に涙を浮かべ、松岡は「聞いてないよー! 初日の割に台本が薄いなと思ったんです」と冷静なリアクションの後、それぞれMCの代読を聞き入っていた。

末次からの賞賛を受け、広瀬は涙を浮かべ「すみません…ちょっと誰か代わりに喋って」とSOSを。瞬時にくみ取った(?)野村は「じゃあ代弁いたしましょう。末次先生、こんな素晴らしいお手紙をありがとうございます。こんなにみんなを見てくれるとは思いませんでした。下の句の舞台あいさつで、サプライズのお手紙を書いてくださるなんて、私は本当にうれしく思います。

涙があふれて喋れませんが、本当に『ちはやふる』という作品に出られて、私はうれしかったです。これからも末次先生の漫画を全て読んでいこうと思っております。ちはやふるの連載も頑張ってください。下の句、みんな絶対に見てね。こんな感じでしょうか」とドヤ顔を決めると、広瀬も「大体合っています。でも、末次先生からってズルイよねえ」と、泣き笑いで語った。

さらにMCから「まだ続きがあります」と語られると、キャスト一同「読み方がズルイ!」とブーイングにも似たリアクションが。そして「次回作も楽しみにしています」と末次からのメッセージが代読され、背後のスクリーンに「続編製作決定!」という文字が出ると、キャストも観客も大パニック。

完全にサプライズで広瀬も腰を抜かして「ごめんなさい! ちょっと分からない! 待ってどういうこと? どういうこと?」と、取り乱していた。野村は「これ太一(野村)だけ代わるとかないですよね? 太一だけ今、イケている俳優に代わるとか。そういうのはやめてくださいね(笑)」と猛アピールしつつ、一同で続編決定を喜んだ。

「ちはやふる -下の句-」
公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報