EXO・D.O.初主演映画「純情」が日本公開決定!

EXOのD.O.初主演作「純情」が、日本で公開されることが決定した
  • EXOのD.O.初主演作「純情」が、日本で公開されることが決定した

男性パフォーマンスグループ・EXO(エクソ)のメーンボーカルを担当するD.O.初主演の映画「純情」が、6月11日(土)より日本で公開されることが決定した。

91年夏、港町を舞台に描かれる、甘酸っぱくも切ない少年少女の初恋を描くストーリー。

主人公ボムシルを演じるD.O.は、ドラマ「大丈夫、愛だ」での演技が話題となり、その後も映画「明日へ」、ドラマ「君を憶えてる」などに次々出演。20代の男性俳優としても高い評価を受け、注目を集めている。

そして、ボムシルが思いを寄せるヒロイン・スオク役には、最高視聴率46.1%を記録したドラマ「太陽を抱く月」で、見事名子役から演技派女優へと転身を遂げたキム・ソヒョンがキャスティング。

生まれつき足の不自由なスオクを不器用ながらもいちずに支える、ひたむきで純粋なボムシルのキャラクターは、まさしくD.O.本人に重なる。

そんな純粋さ故に、ビニール傘を通してキスをするという初々し過ぎる“ビニキス”のシーンは必見。気持ちをうまく伝えられない初恋のもどかしさと、泣けるほどに熱くて真っすぐな仲間たちとの友情は、共感度100%。涙なしでは見られない胸キュン青春純愛ストーリーとなっている。

【STORY】

舞台は'91年。夏休みを迎え、スオク(キム・ソヒョン)が待つ地元の島に帰るボムシル(D.O.(EXO))。

スオクに恋心を抱くボムシルは、生まれつき足が不自由な彼女のために常に隣に寄り添い、島で育った仲間たちと楽しい日々を過ごす。

そんな中、スオクが主治医であるヨンイルに心を寄せていることを知ったボムシルは、嫉妬といら立ちから、ある真実を告げスオクを傷つけてしまう。

23年の時を経て、スオクが本当に伝えたかった思いが明かされる。大切な仲間へ。そして愛する人へ。

映画「純情」
6月11日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国順次ロードショー
配給=エイベックス・ピクチャーズ
【HP】junjo-movie.jp/

■公式Twitter
@Junjo_movie

(C)LITTLEBIG PICTURES

キーワード

[PR] おすすめ情報