「ズートピア」驚異の伸びでGW映画の“勝ち組”に!

「ズートピア」の勢いはとどまることを知らない!
  • 「ズートピア」の勢いはとどまることを知らない!

4月23日に公開された、ディズニーのファンタジー・アドベンチャー「ズートピア」が、公開2週目となる4月30日、5月1日の週末2日間で、興行収入が5億969万9700円(前週比=114.3%)、動員は44万3249人(前週比=134%)を記録。

5月1日時点での累計は興行収入が14億3831万2200円、動員が114万6757人と洋画、邦画、アニメと多くのゴールデンウイーク映画がひしめく中で、他の作品にはない驚異の右肩上がりの成績をたたき出した。

先行公開された全米では、ディズニー・アニメーション史上No.1のオープニング興収を記録し、異例の3週連続首位を獲得。成績のみならず作品の評価も高く今もなお世界各国で絶賛の声が後を絶たず、その嵐は早くも日本にも起きはじめ、続々とコメントが寄せられている。

そして公開直後からSNSなどで書き込まれている絶賛の声は増え続け、鑑賞者が未鑑賞者の意欲を煽る様子も度々見られるほどだ。また、女性の鑑賞者からキツネのニックに関するコメントが急増しており「ニック格好いい」「イケメン過ぎる」「ほれました」という、もはや動物ということを忘れてしまっているかのような熱狂ぶり。

ヒロインのジュディとの間に生まれる友情、恋愛とも取れる関係に妄想が膨らみ、2人を擬人化したイラストを描いたり、映画のその後の物語をオリジナルで作ったりと、鑑賞後もファン間で盛り上がりを見せている。

また、Dream Amiが歌う本作の主題歌「トライ・エヴリシング」も観客をとりこにしているようだ。劇場出た後に「やるのよ~」と歌詞を口ずさむ人や「曲が頭から離れない!」という声も相次ぎ、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー」に続く楽曲としても話題を集めている。

有線ランキングでは、英語版のシャキーラとダブルで1位を獲得、また公開前に1位を記録するなど「アナ雪」でも果たせなかった大記録を樹立している。(3月30日付け、有線ランキングチャート)

公開から1週間ほどで、2回目3回目のリピーターもおり、GW後半に行くという宣言をしている人も多く、今後も息の長い興行に期待がかかる。

その他、映画の大ヒットと相まって関連グッズの売れ行きも急上昇。今回、主役のジュディとニックだけでなく、サブキャラも商品化され、ナマケモノのフラッシュやチーターのクロウハウザーなども幅広い人気を集めている。

まだまだ「ズートピア」旋風は、とどまることを知らないのよ~。

「ズートピア」
公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報