G・クルーニー史上最高のおバカ演技!?マヌケな特別映像が解禁

アカデミー賞受賞監督コーエン兄弟の最新作『ヘイル、シーザー』が、いよいよ5月13日(金)に公開。この度、ジョシュ・ブローリン、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタムらが豪華俳優が共演している本作から、ジョージ・クルーニーが好演している“おバカ”キャラに迫った特別映像が解禁された!

ジョージ・クルーニーが演じるのはハリウッド黄金期の大スター、ウィットロック
  • ジョージ・クルーニーが演じるのはハリウッド黄金期の大スター、ウィットロック

1950年代のハリウッド黄金期、映画スタジオの命運をかけた超大作映画の撮影中に、主演俳優のベアード・ウィットロック(クルーニー)の誘拐事件が発生。映画界の大物俳優の失踪に撮影スタジオは大混乱に陥り、ミュージカル俳優やお色気女優、スタジオの何でも屋、マスコミ記者らが次々と巻き込まれ、大騒動へと発展していく…。

あまりのマヌケっぷりに周りも激怒!?
  • あまりのマヌケっぷりに周りも激怒!?

今回解禁された映像でクルーニーは、自身の演じたウィットロックについて「彼はとんでもないバカだ」と断言している。クルーニーの言うとおり、ウィットロックはスタジオの稼ぎ頭で大スターにも関わらず、セリフが覚えらず、空気も読めないというマヌケかつ残念なキャラクターなのだ。

例えば、何度もセリフをド忘れしてしまい、業を煮やしてカットをかけた監督に「今、言おうとしてたんだ」と大人気ない言い訳をするなど、マヌケすぎる一面をさらけ出している。さらに誘拐されても、いつものように能天気で緊張感のないウィットロックの一挙一動は観る者の笑いを誘うはず。

【写真を見る】ジョージ・クルーニーがマヌケなスターを演じる!?
  • 【写真を見る】ジョージ・クルーニーがマヌケなスターを演じる!?

本作でコーエン兄弟と4度目のタッグを組んだクルーニー。憎めない3バカトリオの脱獄囚に扮した『オー・ブラザー!』(00)はじめ、コーエン兄弟の作品でさまざまな“マヌケ”キャラを演じてきた。これに関してクルーニーは、「コーエン兄弟は毎回『君にはこのマヌケを演じてもらう』と言って脚本を送ってくるんだ(笑)」と語り、毎回マヌケな役のオファーを楽しみにしているようだ。

また「今回の作品は、おそらくこれまで演じたバカの中でも最もバカっぽい役だろうね。僕が演じるキャラクターはとにかく何も分かっていないおバカな役者なんだ」と、ウィットロックがクルーニー史上最高のおバカであると明かしている。

コーエン兄弟と4度目のタッグを組んだクルーニー
  • コーエン兄弟と4度目のタッグを組んだクルーニー

人気俳優のジョージ・クルーニーが愛すべき“おバカ”になりきった本作。彼が演じるとなぜか魅力的に感じるマヌケな演技をより楽しむために、まずは今回解禁された映像をチェックしてみてほしい!【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報